fc2ブログ
 先日の内容と似たものになって、申し訳ありません。コンクールでの上位入賞歴(全国大会や海外など)があったり、早い年齢でピアニストデビューをしたお子様を拝見されると、レッスンの先生の指導法やご家庭での教育方針を気にされる方が、数多くいらっしゃるかもしれません。

 最近話題になっている12歳でピアニストデビューをした、牛田智大(ともはる)くんがいらっしゃいますね。彼は幼稚園くらいの時、上海のピアノコンクールで第1位を獲得した事があります。そして、アジア最高峰のコンクール・ショパンコンクールin Asiaで4年連続金賞を受賞したり、PTNAピアノコンペティションで全国入賞したりと、非常に優秀ですね。ただし、彼も裏ではピアノのみならず、学業でもコツコツと努力し、色々な事を我慢をして長時間ピアノ練習をしております。また、レッスンではご両親の熱心なサポートがあったからこそ、このように成長したと思います。

 講座などを担当されてる有名な先生のお教室には、数多くの教え子たちがコンクールで入賞しております。このような優秀な先生方の場合、普通の先生がなかなか思いつかないような、特殊な指導法です。たとえば、楽器店でなかなか販売されてない特殊な教具を考案して、それを手作りしてレッスンで使用したりと、様々なアイディアと工夫を凝らしています。今のままでは満足いくレッスンではないと思われているので、先生自身も講座などに出かけてお勉強をしております。また、生徒さんのいざない方や言葉かけが上手なので、親御さんも熱心について来るものだと思います。

 優秀な人材を育てるには、お金と労力が必要となり、時間がかかります。今の時代は、安く手軽に物を手に入れる事が出来ますが、レッスンではそう簡単にやる事は出来ません。いくらレッスン料金を安くしても、教室の設備、教材代、楽器の調律などにお金をかけられないので良い物が提供できないですし、そう簡単に楽器が上手になるものではありません。上手になりたいなら、普段からの頑張りや努力が欠かせないですし、安い料金で魔法の薬を求めるかのように、すぐに結果を求めても無理があります。当教室で音楽を学びたいのならば、真剣に考えた上でご判断ください。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.05.09 Wed (10:33) l 大切な事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/96-5b93af1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)