fc2ブログ
 8月も終わろうとしてますが、残暑が続きますね。体調管理には気を付けてくださいね。

 生徒さんの演奏したい楽曲は色々ありますが、中高生になると軽音部へ入部して、お友達とバンド結成をしますね。大好きなミュージシャンの楽曲をお友達と一緒に演奏したいと思う気持ちは、よくわかります。

 大好きなミュージシャンの楽曲を演奏するとしたら、ピアノ教室ならそのミュージシャンのピアノアレンジ楽譜を演奏する事になりますね。これまでクラシックの楽曲をベースに学んできたから、学校のお友達の流行りの話題についていけるように、J-POPの楽曲が弾けるようになりたいという事です。

 ここ最近はJ-POPの楽曲を舞台で演奏したいという生徒さんが随分増えましたね。その分、先生方はヤ●ハのオンデマンド楽譜販売の「ぷりんと楽譜」にて、ピアノアレンジ楽譜を探す事が当たり前となってきました。私の場合、お友達先生の生徒さん向けのJ-POPやアニソンなどのピアノアレンジの依頼が入った時などに、活用しております。

 流行りのポップスの楽曲を演奏したいという気持ちは痛いほどよくわかりますが、購入して参考にして良い楽譜は基本的に大手出版社などから販売の許可が降りてる物をお勧めします。You Tubeなどで色々なアレンジの楽譜と鍵盤図解付き演奏動画もアップされてますが、楽譜販売されてない物はお勧めしません。何故なら、その楽曲全般を聴いて楽譜をよく見てみると、和声の基礎的な音の構築の仕方がでたらめな物をはじめ、不協和音程でぶつかる箇所があったりと酷い物も出回ってます。派手なパフォーマンスを披露したくて、コンピューター任せに音は出せても、真っ当に演奏する事が不可能な物はレッスンでお勧めしません。世間に認知されてる有名な楽曲なら尚更なので、それはよく考えた上で選んだほうがいいでしょう。

 ちゃんとピアノ弾きながら時間かけてアレンジされてる物と、やっつけ仕事のように音を拾うだけで終わってる物との二分化がありますが、最終的には音を確認して時間かけて作られた物のほうが、人の心に残りますね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2020.08.30 Sun (11:19) l 大切な事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/946-0eb3a8f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)