fc2ブログ
 ブログの更新が遅くなりました。そして、梅雨に入りました。

 ピアノ演奏する際、必ずソロ曲を自分で弾けるようになるのは当たり前とされてますね。しかし、レッスンで指導する際、先生がただ後ろや横に座って、アンサンブル及び指揮をしてフォローする事をほとんどやらないケースが多いと思います。いくらソロ演奏出来ても、テンポが狂ってすべってしまうケースは少なくないと思います。

 どうしてもソロでフルに演奏出来ないなら、片手だけでもいいからテンポ落としてアンサンブルフォローして、合わせてみるのが筋だと思います。ソロで普通に弾けても、教材の伴奏MIDIの機材やアプリでのフォローも構いませんし、普通に連弾して生徒さんを上手く乗せてあげるのもいいと思います。連弾伴奏あるとやりにくいと思う子もいるでしょうが、音楽はより多くの人とアンサンブルすればするほど、楽しくなって全体像が掴めるきっかけとなるのです。

 私自身も高1でレッスン再開するまでは、連弾伴奏フォローしてもらった記憶がありません。これは先生の知識力や指導レベルにもありましたが、作曲専攻のソルフェージュを武器にした師匠のレッスンのお陰で、音大進学出来た事に感謝してます。そうでなければ、私はいつまでも下手な趣味層だったかもしれません。隣で指揮してくださったり、ハノンで即興連弾伴奏、普段の課題に加えてディズニーの曲集での連弾があったからこそ、今の自分があります。

 PTNAピアノコンペティションの地区予選がもうすぐ始まります。今回のA1級(小1,2クラス)課題曲「人魚のうた」(ウェーバー作曲)の連弾伴奏を私の師匠が作曲しました。もし、どうしても演奏でつまづくお子様がいれば、連弾伴奏などでフォローしてあげるのも一つの手法ですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2019.06.08 Sat (13:37) l 日々の思い l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/870-7ddf0a03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)