FC2ブログ
 

音楽総合日記

自由な感覚の楽曲

 私は最近、子供向けの楽曲を書いていて、感じる事もあります。

 これまで小さい時から馴染みある楽曲においては、右手メロディーで左手が伴奏に徹してる物が圧倒的に多かったですね。時と場合によっては、左手がメロディーで右手が伴奏に切り替わる曲もあります。時々は左手がメロディーになるパターンの曲のほうが、楽しいなと私は思います。

 私はギロックの影響も受けて、ほとんどがアルペジオ(分散和音)だけどペダルの使い方も学べる楽曲も好きです。例えば、「金魚」や「フランス人形」は面白いですね。





 私が小さかった時はこのような楽曲を発表会で演奏したり、普段のレッスンで演奏する事はほとんどありませんでした。ジャズのテンションノートのコードが受け入れられるようになったのは、ここ10年くらいの出来事ですね。自由な感覚で生き物が動いてる時の様子をピアノで表現するのはなかなか難しいですが、大人の世界の自由な表現の仕方にペダルも使用する楽曲のほうが、「金魚」などの楽曲には向いてると思います。自分も頑張って、「金魚」及び「フランス人形」のような楽曲を書いて、何かの機会に選ばれたらいいなと思います。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック