FC2ブログ
 

音楽総合日記

作曲のネタ

 私はこれまで、ピアノ曲をベースにした色々な作品を書いてきました。アンサンブル作品も勿論ありますが、ピアノソロ曲が中心です。

 伴奏形、メロディー、コード進行、展開の仕方で作曲者の特色が出てきますね。私自身も子供や大人の作品を書いていて、過去を振り返ると似たようなパターンがよく出てくるなと思います。きっと私がYou Tubeへアップした楽曲を見てると、ネタがなくなってきたのではと思う方もいるかもしれません。それは正直言って、当たりです。

 クラシックの作曲家の作品でも、伴奏形やメロディーのパッセージで特色が出てる人も色々います。例えばモーツァルトの作品では、右手メロディーの音階パッセージや、左手の16分音符のアルペジオ(分散和音)においては、パターンが出てるなと思います。これはある一説によると、モーツァルトの妻は鬼嫁だったらしく、色々とモーツァルトに対して不満や文句をたらしては攻撃してたそうです。それに怯えたモーツァルトは、妻から早く逃げるような形で書いてたのではと、言われてます。

 過去に書いた作品のパターンを思い出せば、それを楽曲の一部に引用する事も出てきますが、最終的に出版まで考えてみると保留になる事さえあります。似たようなパターンが出てくると、楽譜を見て演奏及び指導する側からすればそこでネタがバレてしまいます。今までないパターンを生み出すのがなかなか難しいのが、産みの苦しみだと思います。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック