FC2ブログ
 

音楽総合日記

久し振りの再会そしてコンサート

 昨日はカワイ横浜店にて、大阪音大ピアノ科講師の大竹道哉先生と再会しました。2014年11月のお茶の水女子大での講座以来でした。

 まずはJ.S.Bachの半音階的幻想曲とフーガ、Chopinのポロネーズ第5番嬰へ短調作品44を演奏しました。先生はピアニストでもあるので、情感籠っていてダイナミックさがある演奏に圧巻しました。その後に、ピアノ講師の先生がレッスンで指導する際に、生徒さんに伝えるべき事や注意すべき事をお話してくださいました。

 これは私自身が、学生の時から自分の師匠のレッスンで学んできた内容とほぼ同じような物でした。小さいうちは音符を見て覚える事で大変な事も色々ありますが、学ぶ楽曲のレベルは身体の成長と共に難しくなってきます。音楽的な事への理解を深めるためには、やはりソルフェージュに音楽理論の学習が不可欠です。映像で思い浮かべる楽曲の世界を考えるのは勿論の事、コードの仕組みや転調する時に感じ取る能力がなければ、この先ピアノ演奏を楽しんでいくには限界があります。

 作曲専攻の私だからこそ共感出来るお話でもあったので、いくらが小さいお子様だからといっては、音符カードで読んで覚えてご褒美で釣るだけでは限界があります。ピアノ演奏する上でも音符の羅列をモグラ叩きのように覚える事以外に、理論などのエッセンスを加えて学習して応用しなければ、必ずどこかでガタが来ます。聴音での聴いて書く力もなければ、心からにじみ出てくる良い音楽は奏でられないですね。

 こちらが参加者と一緒に撮影した集合写真で、今回はFacebookにてアップされた物をいただきました。大竹先生、ありがとうございます。



 そして楽譜出版した私だからこそ、先生へこれまで出版した楽譜をサイン入りで2冊寄付いたしました。そして私の作曲した「天使の贈り物」を初見演奏してくださり、何だか申し訳なかったです・・・。でも、他の受講者の方たちが先生の演奏で振り向いてくださり、私が後々楽曲の頭の部分を演奏した事で、この曲はかなり評判が良かったです



 こちらは第1弾目の「風に吹かれて~いくつもの思い出~」に納められてます。

風に吹かれて

 そして今回の「四季折々そして希望」で、いずれもカワイ出版より好評発売中です。

A-2赤_

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック