FC2ブログ
 

音楽総合日記

音楽教室の大衆化

 音楽人口が増えて、教室業界が大衆化する事においては、大いに歓迎します。学校の音楽の授業をはじめ、音楽に触れる機会があって好きになってくれる人がいなければ、人々の生活に潤わないですね。そして、音楽を専門に学んできた私たちへと仕事が舞い込んでくる事にも繋がります。

 多種多様な音楽教室があり、ピアノ教室は特に数が多いですね。お月謝も様々ですが、小さなお子様にとって入りやすい教室といえば、リトミックで楽しんでピアノを学ぶパターンです。

 音楽教室業界を盛り上げるために、お月謝をなるべく安くしてキャンペーンなどをする事が、売り上げ利益を増やすための得策にもなります。身近に楽器体験出来るように、ショッピングモールのイベントなどが終わった後に楽器に触れられる機会があったりと、音楽を学びたいというきっかけが出来ます。

 楽器を学びたいという気持ちは、大人も子供も共通してます。演奏出来るようになって技術を磨いていくには、時間がかかります。身近に音楽を学びたいという気持ちは歓迎しますが、早く成果を出したいと思う方になら、歌のレッスンが向いてるかもしれません。自分の声が楽器となるので、発声練習、音程とリズム感を取れるように基礎作りしてトレーニングを積み重ね、後は強弱表現を身に付けられるようになれば、怖い物はないと思います。

 管、弦楽器(特にヴァイオリンなど)は音が出るまでに時間がかかります。運指でポジションを掴んだり覚えるにも、なかなか難しいです。ピアノは指で鍵盤を押したら音が出る楽器ですが、やはり指使いに手のポジションを覚えるには難しさもあります。楽器を学ぶなら、ピアノが基本になります。ピアノを小さくした手持ち出来る楽器なら、小学校低学年の音楽の授業で学ぶ鍵盤ハーモニカですね。

 何やるにしても基礎を積み重ねて努力しなければ、成果は出ません。音楽を学びたいなら、自分に合った物を選んだほうがいいですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック