FC2ブログ
 

音楽総合日記

仕事にかかるコスト その2

 いよいよ11月になり、ハロウィーンも終わりました。今年もいよいよ残り2か月で、企業ならこれから繁忙期に入るとこです。

 仕事にかかるコストについて反響がありましたが、やはりこれは生きていく上で大切な事です。仕事スキルが高くて会社からの信頼が高ければ、お給料が上がるのは当然の事です。これはどんな分野でも共通する事で、お給料が安めであれば誰でも出来るお仕事という事です。

 これをピアノ教室のレッスン料金に例えるとどうなるのか。保護者の方たちはコストを抑えるために、お月謝がなるべく安いとこのお教室を探してるかもしれません。そんなにハイレベルな事を求めてなければそれなりのお教室へ通うかもしれませんが、コンクール入賞歴があって音大教授陣や講師の先生に師事したいなら、お月謝は当然高くなります。やはり、先生の知識専門力は勿論の事、生徒さんへの指導する上での引き出しの幅が大きく違うのです。家庭的な優しいお母さんのような存在の先生も大切ですが、全ての先生が知識豊富な訳ではないのです。時にはキャリアウーマンのような先生もいれば、おじちゃん先生もいます。天才な先生であれば、孤高の存在になりますね・・・。

 安いコストで何でも済ませればいいと思っていても、サービスが良ければそれに越した事はないですね。しかし、ほとんどの場合が大して良い物を提供出来る訳ではないのです。どんなにコストが安くても、指導する立場の知識や引き出しの量が豊富で、丁寧に説明するのが上手であれば、有難く思います。逆に高い授業料を支払っているにもかかわらず、指導力がなくて知識が貧弱な先生には、お金を払いたくないですね・・・

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック