FC2ブログ
 

音楽総合日記

TV番組でのピアノ演奏対決

 もうすぐ9月も終わり今年も残すところ3か月となりました。

 昨日、TV朝日で放送された「関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦」を見ました。半年に一度の特別企画番組で、ピアノにカラオケの全国で上手な方々が集まって出演し、演奏して点数を競う番組です。

 ピアノ演奏では、番組用にアレンジされたクラシック曲のメドレーを課題曲として演奏します。最初は通常通りのテンポで演奏し、途中でテンポアップするなど、ミスした数が少ない人ほど勝利するシステムです。TVを視聴する側は、演奏する時の鍵盤位置を指定するブロックが落ちて来る時に、正確に弾けてたりミスした箇所などを見る事が出来ます。ここまでのルールだと、ピアニストは音楽表現においては考える暇がなくなってしまい、音ミスを減らす事だけで精一杯になると思います。これは過酷なルールですが、コンクール入賞歴のあるピアニストが優勝するのは当たり前の事ですね。このルールで負けた人たちは本来、コンクールなどの舞台ではもう少し心にゆとりを持って、朗々とピアノ演奏されてると思います。

 一方カラオケでは、採点機能のしっかりした機械を使用して正確に音程が取れる事は必須条件です。それに加えて、ビブラートやしゃくりなどの表現力においての加点もあるので、そこが更に難しいですね。ミュージカル歌手の新妻聖子さんはこの番組で5連覇されていて、素晴らしいです。

 ピアノとカラオケ、両方見てしまいました。この番組で高い点数に技術を維持して連覇するのは、至難の業です。常に先を見据えて練習し、努力を惜しんではいけないですね。結果も大事ですが、人に感動を与える演奏を届けるなら、楽曲を解釈した上での表現力は大事ですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック