FC2ブログ
 

音楽総合日記

編曲する時に省略するリズムなど

 それにしても、連日暑いですね。熱中症には十分気を付けてください。

 私はここ最近、友達のピアノ講師の方から編曲の依頼を受けました。初級の中学生の生徒さん向けに、X JAPANの楽曲のアレンジをしました。原曲よりも細かいリズムをかなり省略して編曲し、調性はハ長調にしてます。

 元のオリジナル曲をよく知ってるファンからすると、リズム省略においては様々な意見を持っているでしょう。ピアノ発表会で演奏する楽曲においては、J-POPの超簡単アレンジをやるケースが随分増えてるので、生徒さんそれぞれに向けての編曲をするパターンになってきてますね。

 CD購入もしくはYou Tubeにて楽曲を聴き、オリジナルと同じように編曲するのが一般常識です。しかし、初心者がJ-POPの楽曲を弾きたい場合、メロディのリズムが難しい曲も多く、どうしても同じように演奏出来ないためにリズムを省略してしまうのです。これは子供向けの教本に有名な民謡や歌などが出てきた時も、同じですね。

 リズムの省略は基本的に、十六分音符にタイで出てくる場所の演奏が難しいため、初心者の生徒さんが弾きやすいように書き直されているのです。残しておくべき音においては、指定されたコードに見合う音は残しておき、それを軸にして書き直すのが無難です。私自身はオリジナルへの強い思い込みがあるため、過去にはリズムパターンの違いで疑問に思った事は色々あります。今考えてみると、初心者向けに楽しんで弾いて貰えるようにするために、こう書かれているんだという事が解かってきたものです。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック