fc2ブログ
 本日は気持ち良い快晴ですね。空気が乾燥しているので、お肌の手入れや火の取り扱いには十分注意したいですね。

 音大はもちろんの事、ピアノ講師の世界も女子校のノリですね。私の出身音大は共学でしたが、男子学生が女子の考えに合わせなきゃいけないから、ある意味可哀相に思ってしまいます・・・。男子がいるだけ、まだ有難い事ですが・・・。

 女子校のノリだと、一理ある事をしっかり言える人がそうそういないと思いました。自分にとって気に食わない相手がいると、その人に対して気を遣うのは当たり前ですが、感情露わにしてヒステリックになるケースが、いい年した大人になってもまだ残ってるからだと思います。学校ではもちろんの事、ピアノ講師のための講座でも、人前で発表して自分なりの意見を述べられる先生がそうそういないのは、悪口や噂話で叩かれるのを恐れているからかもしれません。

 音大のピアノ科は学年の半分くらいいて、その中にいる男子学生はたったの3人くらいです。ピアノ=女子の楽器という図式が根強く残ってますが、ただピアノを弾いて音符を覚えてやっていく上では女子は優位かもしれません。しかし、楽曲の立体的構造や論理的な事を捉えて表現するのが下手なケースが比較的多く見られます。このような世界だからこそ、講師の先生方のための講座で簡単な楽曲でアンサンブルする事になると、ボロが出やすいですね。

 いくら女子校のノリとはいえども、論理的思考を問われるようなお勉強法をすると、そこから足を洗う事も出来ます。講座でたまに男性受講者の先生がいると、何だか新鮮さを感じます。私としては、よく頑張って女の花園に足を踏み入れてきてくれたなと、つくづく思ってしまします・・・。

 私は音楽をもっと深く追求して、作曲、楽典やソルフェージュをもっと生徒さんに教えられるようにして、男性的な先生としてやっていきたいです。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2014.12.03 Wed (13:22) l 日々の思い l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/492-e5132c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)