fc2ブログ
 連日の猛暑日で、とにかくとろけるような暑さですね~・・・。日本のしんみりした夏から、亜熱帯へと変わってきたと思います。

 お教室の特色は先生の方針によって様々ですが、当教室ではバスティンに特化したアメリカ式の教育をします。教材に収められてる楽曲は、アメリカ民謡や国歌、ジャズ、ポップス、ロック、ブギなどです。もちろん、クラシックな楽曲も収められてますが、バスティンを学ぶ基礎の段階ではバスティン式アレンジです。バスティンベーシックス3巻(緑本)くらいからブルグミュラーとの併用も出来るようになり、少しずつクラシックの道へ入ります。どうしてもアメリカンな楽曲をやりたいと思ったら、バスティン先生の併用曲集もしくは私が作曲したものでやってみたいと思います。そして、楽典、ソルフェージュ、楽曲分析、作曲などの音楽理論系の学習もピアノレッスンにリンクされているので、ご注意ください。

 ピアノ教室というと、どうしてもご家庭の主婦のイメージをお持ちの保護者の方が多いと思いますが、中には独身の先生や男の先生(少数派)もいらっしゃいます。男の先の特徴としてはオネエ系(古い言葉ではオカマ)が非常に多いのですが、私のような独身者の先生で男っぽい考え方の先生は、自分の専門に特化して熱心な傾向が強いので、お母様方の求める子供教育向けのものとズレが生じると思います。しかし、私のレッスンで小さなお子様向けの教具類を数多く紹介しましたが、これらはただのおもちゃではありません。遊びを交えて楽しみながら、頭脳明晰になってほしいとの願いを込めてバスティン研究会で考案されたものばかりです。

 その他のお教室の特徴としては、お母様方には人気あるお料理教室もダブルで開かれてる先生、介護・福祉関連、子育て、ガーデニングなど、いかにも女の子の憧れのような事も特化されてる先生もいらっしゃいます。これらの事を考えた上で、お教室を選んでみたほうがいいかもしれません。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2013.07.12 Fri (13:00) l 日々の思い l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/281-67a06a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)