fc2ブログ
 昨日は渋谷まで、普段のピアノ指導者講座とは違う、一般サラリーマン向けのものを受講しました。

 今回の担当者は、主催している(株)ビジネスバンクの社長・浜口隆則さんが担当しました。「戦わない経営」とは、みんなとは違った視点で特徴を出して会社経営していくのです。例えばコーヒー業界でいうなら、タリーズやスターバックスはお値段が高めでもカップで持ち帰れる手軽さを売りにしてる事などですね。そして安いお値段で持ち帰れるのならば、コンビニや自動販売機の缶コーヒーなどですね。

 これをピアノ教室業界に例えるなら、日本で出版された教材「オルガン・ピアノの本」、「ピアノひけるよ!!ジュニア」などをレッスンで使用されてる先生が比較的多いのです。何故なら、日本人に馴染みある楽曲がすぐにでも弾けて優しい雰囲気の挿絵でのフォローと、手軽に音符の種類を覚えて鍵盤の音を拾いやすいといった事などでしょうか。そしてこういったお教室のお月謝は、比較的お手ごろなお値段なのですが、次々と進めて表面的な音拾いしかやってないので、感性、創造力に基礎が身に付かないケースがほとんどなのです。

 私の指導するバスティン・メソッドの場合、アメリカ式の数をこなして無理に進めないスパイラル教育であり、感性や創造力を大事にして早期の段階で理論系の奥深いとこの追求をします。英語の噛み砕き用語が出てくるので、英会話を学ぶ必要性があります。30分といった短い時間でレッスンするのは無理なので、時間が長くなってしまうのです。また、鍵盤の位置や黒鍵との関わりも遊びながら覚えていくので、手軽な世間一般で当たり前のお月謝ではやっていくには無理があります。

 みんなが当たり前と思っている事とは違った視点で考えていき、自分を幸せにする事が出来ない人は、他者を幸せにする事は出来ないので、会社の経営はやっていけません。社長は「幸せの専門家」なので、仕事をストレスと感じずに癒しと逆算して考えていくと、上手くいくと思います。自分が仕事で関わるパートナーや部下のために考えてあげて、お客様を好きになって商品の買いやすさを追求すると、会社が潤ってくると思います。そして、欠点を直していき自分が目指す理想の会社を作り上げていくと、あまり戦わなくてすむのかもしれません。

 私も自分の理想の教室を作っていくには未熟ですが、今後ともよろしくお願いします。

 ランキング参加中です。下のボタンのクリックをお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2013.03.13 Wed (23:58) l 講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/225-dbe89d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)