fc2ブログ
 今日から7月になり、1年の後半に入りました。これから夏本番ですが、まだまだ梅雨は明けてません。

 ピアノ演奏する上で、柔らかく美しい音色で演奏したいと思うのが、人間の心理ですね。しかし、その思いを実現させるには、日々の努力が欠かせませんし、ただがむしゃらに弾くだけでは身体が力んで、硬くてスカスカな音になってしまいます。そのためには、脱力をする事が欠かせません。

 美しい音色で演奏するならば、肩の力を抜いて体操をして、身体をほぐしてあげましょう。また、小さなお子様が手の重さを乗せられるようにするには少し重たいもので、およそ200gほどの物を片手で持つ習慣をつけると良いでしょう。手首を柔らかく動かし、指先を強化するめには洗濯ばさみやクリップなど、つまむには硬めのものでトレーニングすると刺激になります。1-2,1-3,1-4,1-5とつまむ時の指の組み合わせを変えたら、効果的です

 身体が疲れている時は、無理してピアノ練習をせずに、ゆっくり寝て休んでください。眠っている時は全身の力が抜けて疲れが取れるので、そこから練習を再開すると自然と脱力が出来てきます。

 脱力が身に付くまでには、長く時間がかかります。レベルの高い難しい曲を無理して弾くと、全身がかちこちになって身体が力みます。まずはゆっくりなテンポで練習し、自信がついてきたらテンポを上げていきましょう。また、今の自分のレベルよりも易しい楽曲を奥深く追求して弾くと、効果があると思います。理想の響きや表現を追求するには、脱力は欠かせませんので無理は禁物です。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.07.01 Sun (14:35) l 大切な事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/120-a1fa9585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)