fc2ブログ
 今日は爽やかな秋晴れですね。ここ最近は、欧米文化のハロウィーンの行事が浸透してきましたし、日本は随分アメリカナイズされてると思います。幼稚園や保育園では、ハロウィーン行事をやる所が増え、主要キャラクター(かぼちゃ、おばけ、フランケンシュタイン、黒猫、魔女、骸骨など)はもちろんのこと、他には天使、悪魔やアニメキャラなどに仮装して、やってるそうです。また、大人のためのハロウィーン行事では、仮装して大きな行列を作り、町中を歩く事もやってるそうです。アメリカの学校では、毎年10月31日はハロウィーンの日で、色々なキャラクターに仮装して学校中を歩き回る行事をやっております。その日の夜は、プラスチック製かぼちゃのかごを持って、仮装して近所中を歩き回って「Trick or treat!!(いたずらしてやる!!)」と言って、お菓子をもらってます。

 音楽とは随分内容がかけ離れてますが、バスティンメソッドではハロウィーンの時に、おばけ関連の楽曲をやると、生徒さんたちは喜びますね。アメリカ出身メソッドであり、楽典では英語の噛み砕き用語が出てくるので、英会話をやってる生徒さんや帰国子女のお子様には有利です。もちろん、中のイラストはカラフルな濃い色使いであり、アメリカの漫画みたいなリアルなお顔です。尚、バスティンメソッドは現在、世界十数ヶ国語以上に翻訳されているので、語学力のある国際人を必要としているこれからの時代に適してるのではないでしょうか。また、バスティンで学習されてるお子様は、大きくなったら外国人の人たちに、ピアノの良い思い出を語れる日がやって来るかもしれません。
2011.10.31 Mon (16:12) l ふと思う事 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://aoippe1012music.blog.fc2.com/tb.php/12-0e3fd91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)