fc2ブログ
 ただ今、7月発売予定の楽譜の校正そして提出に向けて奮闘中です。先方から添付されたファイルを拝見し、本物の楽譜としてのまとまりが出てきました。

 今回の楽譜のタイトルは「別れ~瞳の向こう側~そしてラブストーリーへ」です。これまでは自分の人生経験や自然など、思いのままに楽曲を書いてはそれを曲集にするパターンで2作品を発表してきました。しかし、今回は何かテーマを絞って世間で発売される有名ミュージシャンのアルバムみたいにしてみたいなと思ったのです。有名ミュージシャンの売れるアルバムは、必ずテーマがあってそれに合わせて、曲順を決めてアルバム制作してると思います。

 私としては、恋愛にテーマを絞って今回の曲集を作曲しました。何故なら、人は生きていく中で恋愛を必ずどこかで経験する事がほとんどだと思います。年齢が若い子にはこれからの事でありますが、今は恋愛中の方や、既婚者の方であれば若い時にパートナーの方との出会いから結婚に至るまでの様々なストーリーがあったと思います。恋愛する上では、きれいごとばかりがまかり通る訳ではありませんし、どこかで苦い別れや失恋を経験されてる方もいるでしょう。そしてこの曲集がご自身の恋愛経験などと重なって、実際に演奏してみたら相乗効果があると思います。

 大人のためのピアノ曲集の3部作となって出揃ってきたので、コロナが終息したら演奏会で披露したいですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2021.06.27 Sun (12:37) l 作曲・編曲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ブログの更新が遅くなって申し訳ありませんでした。

 ここ10年以上バスティンメソッドの講座を色々と受講してきました。講座担当講師の先生によって指導法の違いがあり、十人十色のやり方があります。基本的には、アメリカ・サンディエゴ在住のバスティン家のやり方をお手本にしてますが、ピアノを弾きやすくするための手指トレーニンググッズ類に力を入れたり、子供たちに楽典を楽しく覚えて貰いたい事での頭脳系教具などを考案され、それぞれの方針で生徒さんを指導されてます。

 私としては、バスティン講座を長年担当されてる人気講師の藤原亜津子先生考案のジャンボサイズお手玉体操は教室の目玉として取り入れてます。リズム感に表現力を身に付けながら、和音を握る力を身に付けて手首を楽にしていくためのアイテムです。私としては生徒さんや保護者に対する説明不足もあったり、振付で本家とはちょっと違いがあったりと、お手玉体操のやり方においては未熟な面もあったりします。しかし、握った時の感触や通常の遊び用お手玉より大きいからこそ、お子様たちや保護者の方も面白い物として喜んでくれたりします。
DSCF0030.jpg

 良い音色で表現豊かにピアノ演奏するにおいては、崩れた変な手のフォームでは奏でられないですね。そのためには、指先に神経を集中させる玉紐などでつまむトレーニングをする事もあります。
DSCF0006.jpg

 私自身は腱鞘炎を患った経験もあり、手のフォームなどでの細かい事での指導は無理があるので、その分キーの移調、音楽的に表現したりコードの変化に応じて瞬間転調する箇所、楽曲のモチーフ、ストーリー性や展開の仕方などの楽典指導においては、力を入れる事が出来ます。ピアノ専攻の方たちなら演奏法においての手指の指導に力を入れ、作曲及び楽理専攻の方なら楽典関連の指導に力を入れてると思います。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2021.06.23 Wed (18:08) l バスティン l コメント (0) トラックバック (0) l top
 関東地方も梅雨入りしました。このブログを書いてランキングに参加して、懐かしい人を見つけました。

 2013年5月にバスティンピアノ編曲コンテストに参加し、連弾部門第2位入賞した時の思い出です。これが人生初参加のコンテストでした。巣鴨の東音ホールにて行われ、連弾部門入賞者たちの集合写真にて右から2番目の男性のブログを偶然見つけました。そしたらご本人様と判明し、連絡先のメアドにこの集合写真を添付して送信しました。

DSCF0161.jpg

DSCF0163.jpg

 このコンテストの入賞作品の楽譜はPTNAオンデマンド楽譜販売ミュッセにて発売され、今の自分のオリジナルピアノ曲集の楽譜出版へと繋がったきっかけとなります。

DSC_0154.jpg

 私の入賞作品「幸せな魔女」(バスティン先生のお気に入り・1巻)がこちらです。


 集合写真の右から2番目の男性の入賞作品「マクドナルドおじさんのロック」(バスティンピアノベーシックス・2巻・ピアノのお稽古本)がこちらです。


 この入賞者の男性と一緒に連弾している女子生徒さんは今高3になってます。時の流れは早いですし、私も年を取りましたね・・・。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2021.06.16 Wed (15:29) l 作曲・編曲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 ブログの更新が遅くなりました。もうすぐ梅雨入りですが、それにしても暑いですね。

 何回も書いて申し訳ありませんが、音大卒業後の進路は様々ですね。講師業などを含む音楽の道へ行けるのは2割以下かもしれません。一般企業の正社員をはじめ、派遣社員や契約社員よりもお給料が安くて、自立したお金が稼げない事が問題ですね。もしかしたら、フリーターの若者以下かもしれません。また、音大のクラシック教育自体が花嫁修業の一環として見られていた事もあり、今のように音響デザイン、ジャズ、アニソン、ミュージカルなど、メディア業界で通用する教育が最近になって認められるようになったのは一理あります。

 たとえ器楽や声楽専攻であっても、普通に楽譜の指示や先生に言われた通りにピアノ演奏するだけでなく、理論やソルフェージュの学習を通じて考える能力を培っていかなければ、講師のお仕事を貰う事が難しくなってると思います。それよりも、レッスンでの教育方針や内容が生徒さんとの相性に結びついてるかですね。

 音大の中では学校教員免許取得する事を勧められます。やはり、音楽で生きていくなら教職課程の単位を全て取得して教育実習へ行き、教員免許取得して採用試験に合格して教員になる事が安泰で現実的だからです。普通に教員免許取得しても、やはり教育実習での様々な体験や実習校の先生との相性などもあって、教員への道には進まずに一般企業へ就職するパターンもかなり多くあります。

 ある程度メディアに出てくるミュージシャンになる人もいますが、それはごく一部の強運な人だけですね。スタジオで初見演奏をしてみて、上の人から気に入られたらラッキーですが、なかなかそう上手くはいかないと思います。実力はそこそこあっても、テレビやネット配信の時代だからこそ、容姿、性格や言葉遣いはより重視されるでしょう。競争率や倍率の高い世界であり、テレビやラジオで注目されるだけでも凄いなと思います。

 進路は様々ですが、後は自分のいる世界で実力を発揮できるかですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2021.06.12 Sat (14:44) l 日々の思い l コメント (0) トラックバック (0) l top
 私はこれまで、音大卒で一般企業で働いた経験のある方などに焦点を当てて記事を書いてきたりしました。社会人として自立しながら企業の音楽クラブで楽んだり、一般大学卒の人たちがコンクールで音大出身者を跳ね除けて優勝した事などですね。

 W大学(偏差値高い有名私立大学)の附属中学・高校で副校長をされてるピアニストの先生(数学担当)、有名ピアノ講師の息子さんで東大理数系出身のYou Tuberピアニストのかてぃんさんの共通点は、PTNAピアノコンペティションの特級(最も難しい階級)での優勝経験者です。お勉強が出来て仕事を持ち、プロとしてピアノが上手いという、2足のわらじの良いお手本ですね。その他、生徒さんが非常に少なくて自立したお金が稼げないという理由で、週末及び祝日はピアノ講師をしながらも平日は一般企業で働く先生も中にはいます。今の私は後者のタイプに当たります。

 一つの事に固執せず、他の事に目を向けて学習して働くと、仕事の幅が広がって社会人として自立したお金がそれなりに貰えるという利点はあります。音楽の才能はかなりあって、音楽で稼ぎたくても小さなお小遣い程度しか稼げないのが現状なので、一般企業で働きながら音楽の仕事をする2足のわらじのミュージシャンはそれなりにいると思います。これも、人生での良い経験にもなります。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2021.06.05 Sat (14:41) l 日々の思い l コメント (0) トラックバック (0) l top