fc2ブログ

楽譜完成!!

 先日、大学の先輩でフルート奏者の方からフルート二重奏のための作曲の依頼を受けた事を書きましたね。その楽曲が出来ました!!

 そのきっかけは川崎市の影向寺で新元号「令和」になる事をきっかけに、5月12日にお寺のイベントを開く事になりました。フルート奏者の先輩がその近くに住んでいて、真新しい新曲を住職さんが依頼したそうです。

 そのお寺のステージが非常に狭く、ピアノは当然置けなく、人が2人で立つのでやっとだそうです。そのために、今回はフルート二重奏という事になりました。「令和」と「春」をテーマにして、あっさりと単純に題名が「令和の春」となりました。

 これからリハーサル、そして5月12日の本番に向けて頑張ります。後日、動画をアップいたします。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

フルート発表会

 桜が散って新緑の季節になりましたね。来週5月1日から新元号「令和」に変わり、平成もいよいよ終わりへとカウントダウンされてきてます。

 日曜日の出来事を書くのが遅れました。大学のフルート専攻の先輩のお教室発表会が、お茶の水の池坊東京会館で開かれました。こちらが会場入り口の看板です。


 フルートのみならず、オカリナも指導されてます。大人の趣味層の方から、音大フルート専攻の学生さんや卒業生の生徒さんと、幅広く受け持ってます。趣味層の生徒さんのピアノ伴奏を先輩が担当し、音大フルート専攻の学生さんや卒業生に先輩の伴奏をいつものパートナーの方が担当してました。そして、先輩の講師演奏もありました。私もブラスバンド部でのフルート演奏をしていた経験があり、フルートの定番曲を聴いて懐かしく思ったりもしました。

 こちらが私の先輩の篠原梨恵さんです。マイクでトーク司会をするだけでなく、生徒さんの伴奏、講師演奏と幅広く活躍され、お疲れ様でした。

20190421-1.jpg

20190421-2.jpg

20190421-3.jpg

 そしてこちらがオカリナ演奏です。

20190421-4.jpg

 大人の生徒さんに音大フルート専攻の学生さんに卒業生の方の演奏を聴いて、優しく表現力豊かで時にはパンチのある音色が聴けて、素晴らしかったです。そして梨恵先輩の講師演奏も上手でした!!

 梨恵先輩先輩といえば、一昨年の私の師匠の門下内発表会にて、私のフルート&ピアノのデュオで演奏した方です。こちらがその動画です。

組曲「鳥の心」
1.羽ばたく鳥
2.愛おしい鳥


 この曲は大変評判良く、またこれからも再演したいですね。そして今、依頼を受けてるフルート二重奏のための新しい作品に取り掛かっていて、もう少しで楽曲が出来ます。楽しみにしてくだされば、幸いです。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

劇伴音楽の魅力

 昨日、「題名のない音楽会」を視聴し、TVドラマや映画の音楽担当で有名な作曲家・村松崇継さん、服部隆之さん、鈴木慶一さんをゲストに迎えて映像音楽について論議しました。彼らが影響を受けた映画のワンシーンや、それに合う音楽のセンスに楽器編成やアレンジ方法などを聞いていて、ワクワクしました。

 私は高校生の時、作曲家・久石譲さんがジブリアニメやビートたけしさんが監督する、映画の音楽担当をしてる事での憧れを持ち、音大作曲科へ行って学びたいという希望を持っていたのです。しかし、現実の音大教育では、メディアの商業音楽とは程遠い教育でした。作曲の基礎も大事だけど、最終的には音楽センスとそれをより多くの人の心に届ける事が出来るかという事ですね。そして、運良くメディアの仕事へと結びつけばいいですね・・・。

 村松崇継さんがTVドラマのワンシーンや、短い猫の動画に合わせて、色々な状況に応じて音楽を付けました。ピアノと弦楽オケと一緒に合わせた、8~12小節の楽曲を作曲し披露しました。演奏が上手かっただけでなく、映像に合わせてなかなか良い音楽を付けてるなと思いました。村松さんは私と同い年なので、同じ作曲専攻として自分の作品はまだちっぽけなレベルだと思ってしまいました。

 ジャズピアニスト兼作曲家・島健さんが担当する、TV朝日で放送してるドラマの劇伴音楽の製作過程を取材し、大変興味深いお話でした。ドラマの監督さんから、ストーリーの流れに沿って色々なシチュエーションに合わせて付けてほしい音楽を要求されます。ワンシーンごとに短い音楽を作曲してレコーディングし、その音楽と映像を監督さんの指示に合わせて付ける所まで見ていて、難しそうだけど映像を思い浮かべて作曲する私には関心出来ました。ただし、ドラマの映像は見せてもらえないそうです。

 私の場合、ドラマの映像を見てしまうと、もしかしたら見ないで作る時よりも考え込んでしまうかもしれません。最終的には、映像があったほうが有難いですが・・・。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

日本のピアノレッスン事情

 今週は入学式で寒い日が多かったですね。その分、桜は長持ちしても体調管理では風邪を引くなど、様々な問題があったと思います。

 本日、「題名のない音楽会」を視聴し、中国人ピアニスト・ランランさんをゲストに迎えて演奏しました。日本のピアノレッスン事情を考慮した選曲で、聴衆にはピアノ講師の先生、生徒さんとその保護者が中心でした。ベートーヴェン作曲「エリーゼのために」、ツェルニー40番の1番、モーツァルト作曲ピアノソナタK.545の第1楽章、バダジェフスカ作曲「乙女の祈り」でした。

 「エリーゼのために」は長年、ピアノ発表会の定番曲として親しまれてます。ツェルニーは日本ではピアノ練習曲の定番となる作曲家、モーツァルトは世界中で愛され、「乙女の祈り」も大昔はかなり人気の高かった憧れのピアノ曲です。今回の選曲で、ツェルニーとモーツァルトは私が大学受験した時の課題曲だったので、自分にとって懐かしい受験の時を思い出しました。

 ピアノ練習をする時は退屈になって、楽しめないと思う子たちが多くいるのは、どこも共通かもしれません。保護者、先生そして生徒さんからの質問にランランさんが丁寧に答え、練習を楽しむためのコツとして、「ピアノと音楽そのものを楽しむ事」とアドバイスしました。規定のテンポを守って楽譜通りに弾くだけでなく、モーツァルトのピアノソナタでは2回目繰り返す時に、楽譜通りのやり方に装飾音を加えて、音色を変える工夫をしてましたね。また、子供たちを褒めたり叱る事で悩む保護者の方も多くいると思いますが、相手の長所を見極めて褒めてあげ、短所があってもただ褒めるだけなのは間違いと話してました。これは私も賛同出来ます。長所を伸ばしながらも、これからの成長を考えた上で、アドバイスをしていくのが良いと話してました。

 レッスンや音高・音大入試の現場では緊張して硬くなった音色で演奏するケースが多く見られますが、ランランさんの演奏ではカチッとしたテンポを音楽的に少し緩めてソフトな音色で奏でてました。音高・音大の学生さんやレッスン現場でのお悩みを彼の演奏で、一気に解消してくれた雰囲気があって良かったです。

 アニメ「トムとジェリー」のワンシーンのように、ショパン作曲Op.10-5「黒鍵のエチュード」を楽譜通りに弾くだけでなく、オレンジを手に持って黒鍵の上で転がして演奏するシーンには、脱帽でした!!流石天才だと思い、これを13歳の時から師事してたアメリカの音楽院の先生から音楽を楽しめと教わったそうです。私には真似出来ません!!

 ピアノ科のやり方から離れて作曲家としてのやり方にシフトした私には、視聴していて共感出来ました。世界的有名なピアニストだけでなく、教育関連にも力を入れてるのは良い事ですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

王者としての自覚

 ブログの更新が遅くなりました。今月に入って、初めてのブログですね。平成が残す所あと1か月を切りました。新しい元号「令和」が発表され、良い時代へと向かってほしいですね。

 一昨日の出来事ですが、高校野球春の選抜大会で、地元の習志野高校が準優勝しましたね。優勝した東邦には叶わなかったですが、素晴らしいゲームでした。おめでとうございます。

 さてさて、習志野高校といえば、スポーツのみならず、ブラスでも有名です。習志野高校はブラスの全国大会で20年以上も金賞を毎年のように獲り続けています。これを維持するのはなかなか難しい事ですが、日々の努力と成果でもあります。甲子園でのブラスの応援での演奏においても、音が揃っていてブレる事がなく気持ち良かったですね。習志野市の成人式のみならず、地元のアメフトチームのオービックシーガルスのハーフタイムショーでも演奏し、やはり価値の高いブラスだと思いました。

 コンクールで入賞する事においては、簡単な事ではありません。毎年のようにコンクールに参加していても、ライバル校がそれに追いつくために、日々練習しています。これはブラスやオケのみならず、ピアノをはじめとするクラシック系コンクールでも共通する事ですね。今回は全国大会で王者になって次に向けてステップアップしても、毎回のように王者になるわけではありません。時と場合によっては、2位以下の成績という事さえあります。

 私もコンテスト経験者だから解る事もあります。たとえ2位を獲ったとしても、次は1位になる事はありませんでした。これも審査員の先生方の好みもあるので、なかなか難しい事です。常に努力と向上心を持つ事が、次への道へと繋がる事ですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

aoippe1012music

Author:aoippe1012music
本名:江尻あおい
東邦音楽大学・作曲専攻卒の千葉県習志野市在住の作・編曲家。趣味層をはじめ、本格的なレッスンを希望する方を中心に承っている。作曲専攻を武器にして音大・音高受験向けのソルフェージュ、音楽理論レッスンをし、コンクール参加を検討されてるお子様を応援中。作曲専攻を武器にして、小さなお子様のレッスンにはバスティンを主教材としている。会社や知人が主催する演奏会を中心に作・編曲した楽曲を自作自演して活動中。

中学・高校第一種教員免許状(音楽)取得
ヤマハ指導グレード5級取得

2013年 第2回バスティンピアノ編曲コンテスト 連弾部門第2位

2015年 第1回プレ・バッハ作品コンテスト 幼児B部門でオリジナル曲が入賞

2016年 第5回バスティンピアノ編曲コンテスト ゴージャス・ソロ部門ミュッセ賞

全日本ピアノ指導者協会(略称:PTNA)作曲会員。

バスティンピアノ編曲コンテストでの入賞作品「幸せな魔女」がPTNAのオンデマンド楽譜販売Musse(ミュッセ)より好評発売中。2015年11月、カワイ出版よりピアノ曲集の楽譜「風に吹かれて~いくつもの思い出~」、2017年12月「四季折々そして希望」を発売。2016年PTNAミュッセよりプレバッハ作品コンテストでの入賞作品「おはなあそび」、バスティンピアノ編曲コンテスト入賞作品「アラブへの旅を夢見るわにさん」が発売される。

星座:天秤座 血液型:A型

体験レッスン、入会及び作・編曲依頼のお問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
作・編曲、体験レッスンなどのお問い合わせはaoippe.go.go@gmail.com、もしくは下のメールフォームよりお願いします。尚、お名前は必ずフルネームでご記入ください。ニックネーム及び名字だけのメールはお受け出来かねますので、ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
41位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング
ただいま、ランキングに参加中です。ポチッと下のバナーのクリックをお願いします。