fc2ブログ

雑誌に掲載されました!!

 ブログの更新が遅くなりました。桜が開花し、新年度がもうすぐ始まります。

 昨年11月、PTNA主催の音楽総合力ワークショップのセミナーが文京区の文化シャッターBXホールにて、電子ピアノについてのシンポジウムが開かれました。詳細はこちらの電子ピアノを考えるの記事です。

 PTNAのホームページにて私のレポートなどが昨年11月にアップされ、そしてついに年明けのPTNA会員広報誌「Our Music」にて掲載されたのです!!先日のピアノ弾き合いの会にて主催してくださった下総中山駅近所に在住の先生が、インタビューしてくださり、それが形として現れたのです。下の写真をご覧くださいませ。

IMG_20160328_210931.jpg

 そしてもう一つ、年度末に合わせて大学卒業生の広報誌に私の楽譜発売の記事が掲載されたのです!!卒業生のご活躍についての物ですが、専攻が作曲にもかかわらず、ピアノと誤って記載されてます・・・

IMG_20160328_210912.jpg

 スロースターターで紆余曲折だらけの人生の私が、ここまで注目されたのは光栄です。時には怒って尖った記事を書いたりもしましたが、やはり敵を作るような事してはマズいですね。行動や発言には注意しなければというとこです・・・。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

日本人は古典派のコードが好き!?

 前回のツェルニーの記事と被ってしまいますが、ご了承くださいませ。

 レッスンで使用するピアノ教材について、よく聞かれるのがバイエルで学習についてです。私の方針としては、バスティンを主教材として進めてますが、バスティンは基本的にジャズ、ブルースのアメリカンなノリの楽曲が中心で、たまにモーツァルトやベートーヴェンの古典派時代の作品も学びます。英語のCDE=ドレミで音名を学び、英語音名はコード学習する上での基礎となる物です。楽典ワークブックも、結構考えるような問題も出てくるので、私はバスティンを勧めております。

 今、バイエルを主教材としてレッスンを進めてる先生の数が減ってきているのは事実です。いつも似たようなコード進行、指が早く動くためのメカニック指導、単調なリズムパターンといったとこで、次第に飽きてきますね。古典派の昔ながらの楽曲はお母さんや女の子にはウケが良くても、男の子には反応がいまいちです。私自身、お子様の保護者の方たちと同世代ですが、お母さん自身が昔学んだ経験があったり、ピアノ学習歴はなくともバイエルのテキストなら誰でも知ってるので、どうしてもお子様に勧めたがる傾向が強いです。

 ヤ●ハから出版されてる「オルガン・ピアノの本」という教材は1957年に発売され、そのスタイルに学習する楽曲の傾向は古典派のコード進行の物が中心です。ワークブックでのソルフェージュの学習においても、歌、移調やリズム打ちなどでしっかり書かれてる事が結構あるので、よく出来た教材だなと思います。ピアノ学習する上で学ぶ楽曲の中に、時々バイエルの楽曲をピックアップしてたり、ヤ●ハ音楽教室で学ぶ楽曲が結構あるので、やはり言われた通りに学ぶ事が出来る女の子向きの教材になってしまいがちです。

 ツェルニーは音大入試でピアノ科は50もしくは60番、副科ピアノでも時々30もしくは40番が課題曲として必ず出題され、短大もしくは大学の保育科の試験では必ずバイエルが出てきます。こう考えみると、やはりここまで古典派の単調かつカチッとしたコードが好きな事は、古き良き物を大切にして新しい物を取り入れるのに時間かかる、典型的な日本人の気質ですね。

 いくら古典的な楽曲が好きで教えたくても、アコースティックピアノと電子ピアノで音を変えてセッションしたり、連弾アンサンブルを通して指導しなければ、ピアノ教育業界は廃れるばかりだと思います。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

ツェルニーの役目

 本日は春らしい暖かさでしたね。しかし、週後半くらいにまた若干寒くなるそうです。

 ピアノ学習者にとって、ツェルニーの練習曲は定番ですね。細かいメカニック面での指のトレーニングの教材として、学習するケースがほとんどです。レベルの優しい順から並べると、100番、小さな手のための練習曲、30番、40番、50番、60番とった感じです。音大ピアノ科入試課題曲なら、50番もしくは60番、音高なら40番くらいですね。

 古典派時代の作曲家であり、コードの構成でいえばベートーヴェンとよく似てるのは、彼はベートーヴェンの門下生だからです。ただ音の羅列を覚えて指を素早く動かすだけでなく、右手が細かいトリルなどの動きをしていても、左手のコードがメロディーとしての役目で演奏する部分など、音楽的表現の解釈では色々と奥深いのです。

 古典的なコードは音楽を学ぶ上での基礎であり、特に日本人は大好きなケースが多いですね。ツェルニーを指のテクニックの教材として取り入れてるのは世界でも日本だけらしく、それはやはり前述の音大・音高入試などの課題曲の定番となっているからです。

 そもそも私がツェルニーを学ぶきっかけになったのは、高1で私の師匠の元で学習し始めた時です。当時はピアノを辞めていた所からの再スタートで、ツェルニー100番から開始しました。そしてレベルが上がっていくごとに楽曲のパターンも同じような感じで飽きてくるので、途中で30番に切り替えました。そして音大入試の副科ピアノの課題曲で40番があったので、そこで急なくらいに切り替えた記憶があります。

 私の師匠の先生は今から20年以上も前に、ヤ●ハより2DDフロッピーディスクに伴奏パートをデータ入力して、プレーヤーで流してアンサンブル出来るように制作してきたのです。それが残念ながら、今となっては絶版となっているのですが、今でも当時の楽譜を大切に持っております。初めはうちの姉が使用し、そしてアメリカの州立大学へ留学した後、私も使用して学習してきたのです。その伴奏パートの音源を今は楽譜にして音楽之友社より出版し、昨年発売されたツェルニー30番のアンサンブル楽譜となっているのです。

 こちらがその楽譜となります。原曲がそのまま弾ける ふたりのツェルニー30番:連弾伴奏集

 連弾アンサンブルもしくは2台ピアノデュオで演奏する効果あるもので、レッスン現場のみならず発表会などでやる価値があります!!

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

Musica Corona

 ブログの更新が遅くなって申し訳ありません。悪天候が続いてばかりで、やっと春らしくなりましたね・・・。桜の開花が待ち遠しいです。

 13日の日曜日、JR総武線下総中山駅から徒歩5分くらいのとこにあるマンション在住の先生宅にて、仲間の先生たちとピアノをみんなで演奏しようという「Musica Corona」の会が開かれました。音大希望者の高校生の女の子、主催者の先生親子での連弾、ピアノ講師関係の方々などが参加されました。その中で有名な先生もいらっしゃり、PTNAピアノコンペティションの課題曲に起用された作曲家・安倍美穂先生と岡崎有美子先生も参加されたのです。

 この会の趣旨は、主催者の先生親子がピアノ連弾でPTNA船橋支部のピアノステップに今月参加したかったのです。しかし、お正月明けに申し込んでも3月に開催される船橋支部のステップは全て定員に達したために、締め切られたという事がきっかけだったのです。そこで私を含めた数人の先生たちが、一緒にピアノを弾く会を開こうという意見が合致したので、そこから立ち上がったのです。主催者の先生の息子さんが中学校卒業して、カナダの高校へ留学する事もあり、親子で初めてそして最後の連弾となるため、息子さんの送別会のような感じで開いたのです。

 私は自分の楽譜発売そして宣伝といった形で参加し、昨年発売した楽譜のタイトルにもなってる「風に吹かれて」と「天使の贈り物」そして東日本大震災のNHK公式テーマ曲「花は咲く」のアレンジを演奏しました。今年は震災から丸5年という節目の年なので丁度良いタイミングでしたね。こちらがカワイ出版から発売中の私の楽譜「風に吹かれて~いくつもの思い出~」のページです。「花は咲く」は編曲コンテスト用の物です。





 こちらが終了後の写真です。上は普通に撮影した物で、下はプリクラ式にコラージュ加工した物です。



FB_IMG_1457878015062.jpg

 終了後は近所のカフェ「コロラド」へ出かけてワイワイと歓談し、私はランチにエビドリアとコーヒーのセット、おやつにはミルクレープのケーキをいただきました。

DSC_0272.jpg

DSC_0271.jpg

 次回もまた企画して開こうと、計画中です。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

敷居は高い

 ブログの更新がいつも遅くなって申し訳ありません。

 先日、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのコンサート出演に対する憧れについて、綴りましたね。実はあの時、PASONAミュージックメイトのメルマガで5月3日(火・祝)にPASONA本社の会場で開かれる、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのコンサート出演者を募集してたのです。応募者が多かったらしく、残念ながら落選しました・・・。

 やはり敷居が高く、ハイレベルなコンサートでもあります。出演者プロフィールを拝見すると、器楽のコンクール入賞者が沢山集まる世界なので、音のブレやフォームの美しさが格段と違いますね・・・。私の動画をご覧になった方々も色々いらっしゃいますが、演奏する時の後ろ姿に前かがみになる姿勢の悪さなどで、ビジュアル面では美しさが欠落してるなと思われたでしょう。また、緊張してる事もあってか、肩、腕、手首のしなやかな動きが出来てなく、ペダルの踏み方が雑で和音の汚さが目立つ事などが要因ではないでしょうか。

 コンサート出演の回数が多い友達を見てると、姿勢が美しく落ち着いて演奏していて、動きがしなやかです。そして、音のブレにペダルの濁りもなく、美しい手のフォームで演奏してるので、私はまだまだだと思いました。出演回数を増やせるように、もっと頑張ります!!

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

aoippe1012music

Author:aoippe1012music
本名:江尻あおい
東邦音楽大学・作曲専攻卒の千葉県習志野市在住の作・編曲家。趣味層をはじめ、本格的なレッスンを希望する方を中心に承っている。作曲専攻を武器にして音大・音高受験向けのソルフェージュ、音楽理論レッスンをし、コンクール参加を検討されてるお子様を応援中。作曲専攻を武器にして、小さなお子様のレッスンにはバスティンを主教材としている。会社や知人が主催する演奏会を中心に作・編曲した楽曲を自作自演して活動中。

中学・高校第一種教員免許状(音楽)取得
ヤマハ指導グレード5級取得

2013年 第2回バスティンピアノ編曲コンテスト 連弾部門第2位

2015年 第1回プレ・バッハ作品コンテスト 幼児B部門でオリジナル曲が入賞

2016年 第5回バスティンピアノ編曲コンテスト ゴージャス・ソロ部門ミュッセ賞

全日本ピアノ指導者協会(略称:PTNA)作曲会員。

バスティンピアノ編曲コンテストでの入賞作品「幸せな魔女」がPTNAのオンデマンド楽譜販売Musse(ミュッセ)より好評発売中。2015年11月、カワイ出版よりピアノ曲集の楽譜「風に吹かれて~いくつもの思い出~」、2017年12月「四季折々そして希望」を発売。2016年PTNAミュッセよりプレバッハ作品コンテストでの入賞作品「おはなあそび」、バスティンピアノ編曲コンテスト入賞作品「アラブへの旅を夢見るわにさん」が発売される。

星座:天秤座 血液型:A型

体験レッスン、入会及び作・編曲依頼のお問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
作・編曲、体験レッスンなどのお問い合わせはaoippe.go.go@gmail.com、もしくは下のメールフォームよりお願いします。尚、お名前は必ずフルネームでご記入ください。ニックネーム及び名字だけのメールはお受け出来かねますので、ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
881位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
41位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング
ただいま、ランキングに参加中です。ポチッと下のバナーのクリックをお願いします。