fc2ブログ
 4日ぶりの記事更新です。読譜について、久しぶりに書きたいと思います。

 バスティンメソッドでは、子供に限らず大人の教本でも入り口は、五線譜なしのプレリーディングからです。プレリーディングとは、五線譜のない音符だけの楽譜に、音名が記されているものです。何故そうなるのかというと、鍵盤の位置と音を確認し、耳で聴いてリズム感を身に付ける事からのほうが、無理なく覚えやすいからです。このプレリーディングがマスターできたら、次から本格的な五線譜での読譜に入り、線・間の区別に音の上下や高さなどで、つまづきにくいからです。アメリカ式教育は、遊びを交えて楽しみながら覚えていくやり方ですが、専門的なお勉強になれば、更に難しくなっていきます。その分、自己表現や創造力のある子へと育つと思います。

 アメリカ式の楽しんで覚える教育に対して、批判を受けるケースは少なくありません。これまでの日本式ピアノ指導においては、言われた通りにただ覚えて弾いて、真面目に読譜するほかないといったやり方が、当たり前とされてきました。しかし、こんな杓子定規なやり方でお子様がのびのびと育つのでしょうか。私はそう思いませんし、活発な性格のお子様や個性の強い子には通用しません。特に男の子には、全くといっていいほど、通用しないものです。言われた通りの事がやれる、真面目で優秀な性格に育つ分、自分で何をすればいいのかわからなくなり、創造力のない自己表現の下手な子へと育ちますね

 プレリーディングをやる理由を国語のお勉強に例えると、平仮名のお勉強になると思います。このプレリーディングを飛ばして突然五線譜から入った人の場合、多くの人たちが必ずといっていいくらい、読譜で後々つまづきます。五線譜の楽譜は、漢字のお勉強をいっていいでしょう。要するに、平仮名が読めないままで、すぐに漢字のお勉強をするやり方です。基礎の読み方がわからないまま、次へどんどん進めても何も効果がないという事なので、まずは基礎のプレリーディングからのお勉強をお勧めします。プレリーディングに対する差別や偏見を持たれるお母様が非常に多いので、この場をお借りして書かせていただきます

 バスティンではただピアノを弾くだけでなく、その学習レベルに応じて楽典ワークブックも一緒に学ぶシステムです。表面的にピアノは弾けても、楽譜が書けなかったり鍵盤の位置などがわからなければ、ただの薄っぺらな表面的な事しかわからない人となってしまいます。当教室で学ぶのであれば、じっくり考えた上でご判断していただきたいと思います。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.05.30 Wed (11:33) l バスティン l コメント (0) トラックバック (0) l top
 私は最近、子供のための楽曲をよく弾きます。試験で弾く課題曲はもちろんの事、講座でも色々と取り上げて練習する機会が増えたからです。音大ピアノ科の学生さんは、ショパンのエチュードやリストの超絶技巧曲などの、難しい楽曲を弾くのが当たり前とされてますが、楽典などの音楽理論能力を熟知する上では、子供のための易しい楽曲に触れておかなければなりません。

 子供のための楽曲は、大人になってから弾く事において抵抗があるかもしれませんが、これが楽曲分析のための基礎のお勉強となるものです。今弾いてるベートーヴェン、モーツァルト、シューベルト、シューマンなどのソナタや、ショパンのエチュードなどでは、複雑なお洒落なハーモニーがゴロゴロ出てきます。和音分析やモチーフを探して、アーティキュレーションのかけ方や呼吸する所などを上手に演奏するには、かなり難しいかもしれません。楽曲分析の基礎の入り口としては、子供のための楽曲を恥ずかしがらずに、弾いて分析するとお勉強になりますね。このような楽曲を指導者のための講座で学んだ後に弾いてみると、小さい時と今の自分の演奏を比較してこんなに違うものだと気付きますし、今後のレッスンで小さな生徒さんを指導するのに役立ちます

 私は過去に、音楽とは無関係な作業場でのアルバイトをしていて、重たい物流用のかごを何段も重ねたものを右手で引っ張りすぎた事で、腱鞘炎になり神経が麻痺しました。そのため、右手の3の指が上がらなくなり、バネ指となりました。また、ピアノ演奏法でも今では禁じられてる、第3関節を出さないで力を入れて弾く、ハイフィンガー奏法も一部ありました。手指の問題に加えて、基礎の演奏法や楽曲分析などをお勉強しながら、小さな生徒さんを指導する今の私には、やるべき事かもしれません。最近私は毎日のように、右手の手首を回して手を握って開く体操をやっております。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.05.26 Sat (18:05) l アナリーゼ(楽曲分析) l コメント (0) トラックバック (0) l top
 一昨日に隣の船橋市の伊藤楽器にて、ピアノ教室コンサルタントの藤拓弘先生の講座がありました。くどいようで、申し訳ありません。先生が書かれたピアノ教室運営の2冊の本があり、それがこちらのお写真のものです。

DSCF0042.jpg

 気さくな人柄で、親しみやすい性格の先生であり、本にサインをしてくださいました。こんなに嬉しい事はなかなかないので、私はテンションが高くなって上機嫌でした!!こちらが先生のサインです。

DSCF0041.jpg

 私と出会えた事に感謝の気持ちを表し、また次の機会にお会い出来るのを楽しみにしてくださってるので、何て素敵な先生なんだろうと思いました。著者の先生から、これからの教室運営について生の講座が聞けたので、この講座に参加して良かったと、心から感謝いたします。これは一生の宝物ですね。この写真は、私の名前の書いてある部分をハートで隠してありますが、プライバシーの問題もあるのでご了承くださいませ。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.05.25 Fri (00:28) l 講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 本日は藤拓弘先生による、ピアノ教室運営の講座がありました。以前にもお話ししましたが、「成功するピアノ教室」(赤本)、「7つのブランド戦略」(青本)の著者の方です。藤先生はお若くて、ピアノ教室コンサルティングのお仕事をされ、全国各地の楽器店で講座を開いております。すごいというほかありません!!

 教室運営をする上では、十年先はどうなるのかといった、明確なヴィジョンを持たなければなりません。今はインターネットの時代だからこそ、教室営業の窓口としてブログやHPが欠かせなくなってます。教室の強みを活かして、キャッチコピーを入れる事も一つのアイディアだと思います。生徒さん同士もしくは保護者との交流の場を設けて、イベントやお茶会などを開くなど、楽しい空間を作ってあげたりと、様々です。教室便りを発行すると、それが口コミのきっかけになるの入室率アップにつながる事を話してました。退会を防ぐためには、保護者とのマメなコミュニケーションを取る事など、どのお話しを聞いててワクワクするものばかりでした!!

 私としては、生徒さんの数が少ないため、グループレッスンやイベントを開くのが、まだ難しいとこです。交流会を開いて、生徒さんや保護者同士が仲良くなってほしいという思いもありますが、大人数でなければ盛り上がらないのが、現実ですね・・・

 講座が終わってから一旦自宅に戻り、少しピアノを練習してから出張レッスンへ出かけました。何と恥ずかしいことに、本日はお手玉体操で使う、ジャズアレンジしたスタジオジブリの曲集のCDを忘れてしまいました!!生徒さんと一緒にCDなしで「崖の上のポニョ」を歌おうと提案しましたが、故・Michael JacksonのCDをかけてやりたいと提案があり、それですぐにピンときて、ナイスアイディアだと思いました!!お手玉体操の楽曲はダンスビートのノリの良い楽曲が合うので、ゾンビたちのPVで有名な「Thriller」を2回流して、シングルとダブルで両方の体操を楽しくやりました!!偉大なるMichael Jacksonの曲でやるのも、たまにはいいものですね。本日は大変勉強になり、ありがとう!!

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.05.23 Wed (00:02) l 通常レッスン l コメント (0) トラックバック (0) l top
 聴音の問題といえば、問題集を買われるか自分で作曲したオリジナル問題を作成するかの、どちらかになると思います。私は作曲科出身なので、後者になりますね。

 聴音はソルフェージュの定番となりますが、レッスンでやる楽曲は音大の入試対策を中心としたものが、多いのではないでしょうか。単旋律、2声、4声(和音のみ)といった傾向が強いと思います。しかし、私のレッスンではそれ以外の問題もプラスアルファとしてやっております。3声の和音は、4声ではまだ取るのが難しい生徒さんのレベルに合わせてやっておりますが、それはト音記号とへ音記号の大譜表で、音域が広いものです。3声の和音聴音といえば、ト音記号またはへ音記号だけの1段譜のものばかりが中心なので、勉強になるとは決して言えません。他に3声や4声の楽曲聴音、同じ音だけのリズム聴音など、幅広いですね。

 ただ問題を紙の上で問題を解くだけでなく、それを清書してピアノ演奏すると大変お勉強になります。また、移調演奏もやればさらにお勉強になるので、遊びながら楽しく覚えるといった感じでやってみては、いかがでしょうか。また、他の楽器とアンサンブルして歌ったりと、色々な方法があると思います

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.05.22 Tue (06:41) l ソルフェージュ l コメント (0) トラックバック (0) l top