fc2ブログ

いよいよ新年度

 本日は雨風が強かった1日で、電車のダイヤが大幅に乱れた1日でした。そして、年度末最後の日でもあり、長かったようで短かった1年間。受験や卒業式シーズンが終わり、また新しい年度へと移行し、桜の開花が待ち遠しいこのごろです。4月になると、心と身体もリフレッシュして、新しい事をやりたくなる季節でもありますね・・・。

 4月になると、職場の人事異動や進級・入学シーズンで忙しくなる時期ですね。そして、私も生徒さんの通ってる学校やその他の習い事などを考慮して、レッスン日程や時間の調整でバタバタしております。しかし、それを乗り越えてこそ社会人として生きていくための、自覚だと思います。

 昨年度までは、生徒さん募集で色々と失敗の連続でした。しかし、以前もお話したピアノ教室コンサルタントの藤拓弘先生著者による本、「成功するピアノ教室」(赤本)と「7つのブランド戦略」(青本)を読んで、改めて教室運営の未熟さを知りました。生徒さんが来やすくなるように、レッスン料金を安めに設定して教室のルールを緩めにしたり、お菓子を出してあげたりと優しい雰囲気で運営してきました。しかし、このやり方では教師が舐められる事がわかり、レッスンが長続きしない非常識な連中がゴロゴロ来ると、痛感しました。そして、自分専用のブログも開設し、教室のルールを厳しく改正してお菓子を出すの禁止し、レッスン料金も変更してから、徐々にしつけの厳しい教育熱心なご家庭のお子様が入会するようになりました。ブログのランキングサイトにも参加し、講座で仲良くなった先生仲間ともFacebookなどを通じて、交流が深まりました。

 生徒さんの数は少なく、今は申し訳ない気持ちでいっぱいです。レッスン時間が予定より大幅に延びているのが現状で、もう少し無駄を省いてレッスンをコンパクトにする事が課題となっておりますね・・・。講座で学んだ楽しい教具遊びなど、教えたい事が山積しているこのごろです。気持ちを新たに、4月からの新年度も頑張ります!!

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

ピアノ教育の適齢期

 ピアノを学ぶ年齢といったら、何歳が適しているでしょうか。世間一般では、小学校へ上がる前に学ぶほど良いと言われます。何故なら、指がしっかり動いて、頭も柔らかく色々な事を覚えられるからといった理由だと思います。

 幼児のうちは、教具を使用して楽しく遊びを交えてレッスンすると、自然と子供たちも学ぶ意欲が湧いてきます。特に理論やソルフェージュ関連の教育においては、教具必要となります。しかし、ピアノの前に座らせる事が難しい性格のお子様も一部おりますが、それはその子自身の性格もあれば、親御さんのしつけにも色々とあります。飲み込みの早い頭脳明晰なお子様といえば、落ち着きのある性格と思われる保護者の方が多くいらっしゃるかもしません。しかし、そういったお子様の中には、活発で我の強い面のある子もいます。

 小学校へ上がってから学ぶ、スロースターターのお子様も中にはいらっしゃいます。小学生の場合、学校の授業や集団生活で色々なルールを学んでいる影響もあり、ある程度は落ち着いてレッスンを受講する事ができますね。ただし、理屈的にならないように、楽しく教具を使用してたとえ話などをすると、目の色が輝いてきます。メソッドの進度の早さや演奏技術の上達においては、この頃が最も伸びやすい時期でもありますね。

 しかし近年は、大人になってからピアノを学ぶ人も増えています。子供の時に様々な理由があって学べなかった人もいれば、保育士のお仕事をしたいという理由で、学ぶ人もいます。指の動きや技術面では、小さなお子様よりも不利な面もありますが、好きな楽曲を楽しんで弾きたい気持ちが、より一層強いのが特徴ですね。また、ピアノに対して真剣に取り組む姿勢などにおいては、お子様に負けないくらいの強い気持ちがあります。

 ピアノは楽譜を見ながら指を動かすので、かなり頭を使いボケ防止にもつながる楽器です。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

聴音問題

 本日は爽やかな、春の日差しですね!!徐々に暖かくなり、春らしくなってきてます

 音高・音大入試での聴音問題といえば、単旋律の問題がほとんどかもしれませんが、ハイレベル音大では単旋律以外に、2声、3声和音や曲、4声和音などを出しております。単旋律は1つの声部だけの曲であり、他のパートを聴き分けるまでのレベルには至ってないので、聴音の入り口といったところですね。

 本当の意味で聴音らしいレベルになるには、2声部以上のパートを聴き分けられるようにしておかなくてはなりません。ト音記号の音のみならず、低音部のへ音記号も同時に聴き取れるようにしておくと、アンサンブルで相手の音と自分の音を聴き分ける力がつきますね。また、ハーモニックな響きもわかるようになるので、早いうちから身に付けておくほど得すると思います。

 聴音で4声の問題といえば、高音部と低音部の串団子の和音聴音を思い浮かべる方が、ほとんどかもしれません。しかし、4声の楽曲聴音もやっておかなければ、本当の意味での4声聴音になりません。3声においても、同じような事が言えます。3声ですと、ト音記号の声部だけに密集された和音聴音が中心ですが、私のレッスンでの3声和音は高音部と低音部を両方ミックスした音域の広い問題となります。

 また、私の教室ではリズム聴音もあります。リズムといえば、打楽器のリズムを聴き取る事をイメージされると思いますが、私の方針ではピアノで一つの音だけを弾いて、それを五線紙に書く作業をします。例えば、「ラ」の音だけのリズム聴音ですと、単旋律であればそのまま弾きますが、途中のサービス演奏になると易しい伴奏やベースの音を加えてヒントを与えます。そうすると、リズム感もより一層ついてくると思います。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

同じメロディーを探す

 楽曲のメロディーや特徴を覚えるには、どんな事をイメージされますか?印象に残る楽曲といえば、わかりやすいメロディーにハーモニー構成でしょうか。まず覚えやすいメロディーといえば、色々な場面で出てくるモチーフ(動機)ですね。

 何度もお話しするように、私のレッスンでの導入教材はバスティンで、子供の早い年齢の時から楽曲形式のお勉強をします。特に小学生の生徒さん用の教材・ベーシックスシリーズでは、「a-a`-b-a`」といった二部形式の楽曲を学び、それと同時にモチーフがどこで出てくるのかなどと、分析もします。ただ楽曲を演奏するだけでなく、モチーフがどこで出てきてメロディーがどのように違うかなどを分析すると、読譜にピアノ演奏も苦労せずに、スイスイと弾けるのではないでしょうか。

 私はレッスンで、どんなに短い曲でも生徒さんには、頭を柔らかくして考える能力を身につけてほしいという思いで、楽曲分析をさせております。8小節の楽曲であっても、出てくるリズムパターンが同じか違うなどと答えさせたり、共通するメロディーが出てくる所を鉛筆で〇、△や□で囲う事などを指導しております。楽譜を見て弾くだけの事は誰でも出来る事ですし、その先のお勉強として生徒さんが自発的に興味関心を示してほしいという思いもあって、小さな曲でも楽曲分析を実施しております。また、このようなお勉強をされると、自然と生徒さん自身も頭が良くなって、学校のお勉強にも取り組みやすくなると思います。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

ソルフェージュ問題について

 いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。私はこれまで、ソルフェージュ問題について、あまりお話しをして来ませんでしたね。

 ソルフェージュ問題といえば、楽器店で販売されている聴音や新曲視唱などを思い浮かべることが多いかもしれませんが、私の教室では自作曲の問題を使用しております。私は作曲科出身であり、高校生の時からお世話になっている作曲科出身の師匠の影響もあって、このスタイルで実施中です。私が作曲した問題は学校の試験問題みたいに、使い捨てのソルフェージュ問題だけでは終わらせたくないので、多くの人たちが聴いて心に残る音楽を作曲しております。また、リズムの複雑さや音程など、練習曲みたいなカテゴリー分けは特にしておりません。

 このスタイルのソルフェージュは、小学校高学年以上の生徒さんを中心にしてやっております。五線譜にト音記号やへ音記号が書けるようにしてしておく事が条件で、またリズムやハーモニーなどもレベルおきに難しくなってきます。問題として解いていくのは難しくても、それをクリアできたら恐いものはありません。

 自教室専用のソルフェージュ問題は、他の教室には真似できない良さがあるので、私はこのスタイルでレッスン展開していきたいと思います

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

aoippe1012music

Author:aoippe1012music
本名:江尻あおい
東邦音楽大学・作曲専攻卒の千葉県習志野市在住の作・編曲家。趣味層をはじめ、本格的なレッスンを希望する方を中心に承っている。作曲専攻を武器にして音大・音高受験向けのソルフェージュ、音楽理論レッスンをし、コンクール参加を検討されてるお子様を応援中。作曲専攻を武器にして、小さなお子様のレッスンにはバスティンを主教材としている。会社や知人が主催する演奏会を中心に作・編曲した楽曲を自作自演して活動中。

中学・高校第一種教員免許状(音楽)取得
ヤマハ指導グレード5級取得

2013年 第2回バスティンピアノ編曲コンテスト 連弾部門第2位

2015年 第1回プレ・バッハ作品コンテスト 幼児B部門でオリジナル曲が入賞

2016年 第5回バスティンピアノ編曲コンテスト ゴージャス・ソロ部門ミュッセ賞

全日本ピアノ指導者協会(略称:PTNA)作曲会員。

バスティンピアノ編曲コンテストでの入賞作品「幸せな魔女」がPTNAのオンデマンド楽譜販売Musse(ミュッセ)より好評発売中。2015年11月、カワイ出版よりピアノ曲集の楽譜「風に吹かれて~いくつもの思い出~」、2017年12月「四季折々そして希望」を発売。2016年PTNAミュッセよりプレバッハ作品コンテストでの入賞作品「おはなあそび」、バスティンピアノ編曲コンテスト入賞作品「アラブへの旅を夢見るわにさん」が発売される。

星座:天秤座 血液型:A型

体験レッスン、入会及び作・編曲依頼のお問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
作・編曲、体験レッスンなどのお問い合わせはaoippe.go.go@gmail.com、もしくは下のメールフォームよりお願いします。尚、お名前は必ずフルネームでご記入ください。ニックネーム及び名字だけのメールはお受け出来かねますので、ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1588位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
73位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング
ただいま、ランキングに参加中です。ポチッと下のバナーのクリックをお願いします。