fc2ブログ
 昨日、小田急線沿い町田駅のスガナミ楽器まで、PTNA指導者セミナーに出かけました。担当講師は導入期の指導と、バスティン研究者で有名な藤原亜津子先生です。

 ピアノをゼロから習う幼児のお子様に、どのようの声をかけて、ピアノに向かわせるかという事について、DVDを拝見しました。普通の先生ならば、即座に椅子に座らせてピアノに向かわせるのが当たり前と思われているでしょう。しかし、それは大きな間違いです。お子様の性格は十人十色ですし、大人しい性格の子もいれば、中にはやんちゃでおてんばなお子様もおります。後者に該当する場合は特に、ピアノを習うのに向いてないと思われるかもしれません。

 まずは英語音名のカードをA(ラ)からG(ソ)まで並べて、アルファベット遊びなどをしてからピアノに向かわせておりました。先生が2と3の指に可愛いお人形さんをつけて、ピアノの端っこの最低音から最高音まで全て白鍵で、階段登りをしました。それを歌いながらお子様が真似っ子して、今度は下りを一緒にやっておりました。他にも、数字の指番号を覚えるのに、指のじゃんけんや数字並べ替えの指動かしゲームなどをして楽しませてましたので、これこそが未就学児童のお子様への、文字が読めるための指導法だと思いました。これは大人しい子はもちろんの事、活発な子にも共通して楽しめるものだと思います。先生がお子様の立場になり、自分が生徒役になって鍵盤の場所当てクイズをやっていたのも、楽しいアイディアですね。また、お馴染みの先生のアイディアによる、お手玉と玉紐の手指トレーニングも披露しました

 はじめの入り口といえば、私の場合は教材のお勉強をついつい気にしてしまいます。幼児のお子様ですとピアノパーティーAですが、始めの曲が手をグーの形にして弾く曲なので、それを楽しめるお子様は多いですね。他にも、動物の鳴き声に例えて、ピアノの音の高さではどの辺になるのかといった、お遊びゲームもあります。私は教材の事を気にしがちな面が、やや杓子定規になっていると思います

 藤原亜津子先生は私の両親よりも何年か年上ですが、いつまでも心と頭を柔軟にしておだやかな性格で、気持ちが若々しいと思いました。私自身も先生を見習い、もう少し遊び心とやわらかな気持ちを持って、これからのレッスンに臨んでいく所存であります。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.01.31 Tue (18:07) l 講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日、出張レッスンにて小1の女の子の生徒さんからいただいた、可愛い貝殻です。彼女はママと妹さん(5歳・年中)と3人で幕張の浜まで出かけて、貝殻をたくさん拾ってきました。レッスンが終わった後、私の家族人数を考慮して、その数だけくれました。何て優しい心を持った子だろうと、痛感しました・・・。私は5人家族で、3人兄弟の末っ子です。上に姉と兄がおりますが、今はそれぞれが部屋を借りて一人暮しをしております。そのため、実家住まいで一緒に同居してる人たちを考慮して、両親と私の3人用で貝殻をもらいました。

DSCF0036.jpg

 facebookにもアップしましたが、向こうのアップ写真は携帯カメラで撮影し、自宅のダイニングテーブルで撮りました。一方こちらの写真は、私の部屋の中でデジカメ撮影したものなので、随分面倒かつせこいやり方をしてると思われてるかもしれません。facebookで仲良くしている私の友達には、この場を借りてお詫び申し上げます

 その女の子はピアノを習って早2ヶ月、バスティンベーシックスの幼児のためのプリマーAで、ようやくプレリーディング卒業です。いよいよ、ト音記号の本格的な五線譜のリーディングに入り、レッスンダイアリーでの教室規定ポイントが溜まったので、初めてのご褒美をもらいました!!おめでとうございます!!私はいつも生徒さんやそのご家族の方たちからお世話になってばかりで、大して恩返しも出来ずに申し訳なく思うばかりです。いつも私を支えてくださり、誠にありがとうございます。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.01.29 Sun (12:25) l 通常レッスン l コメント (0) トラックバック (0) l top
 作曲していくには、何をどうしたら良いのかわからないと思われる方が、数多くいらっしゃるかもしれません。まっさらなゼロ状態から美しい楽曲が完成するまでには、モチーフ(動機)の展開の仕方、ハーモニーを凝らせるなどの創意工夫、伴奏形の変化、メロディーラインの高さを変えるなど、様々なアイディアと知恵を絞っていかなければなりません。また、強弱の変化やアーティキュレーションでの表現の仕方などで、いざ演奏してみた時の事を考えていき、総合的に良いと思ってきたら、作品は完成するのではないでしょうか。ただし、より良いものへのこだわりや追求によって、バージョンアップしたものもあるので、1回書いただけのものが全ての答えではありません。

 楽曲を書いていくには、様々な人生経験が楽曲に表れます。嬉しい事はもちろんの事、時には悲しい経験もあります。また、自分自身の恋愛経験や旅先で得た良い物など、様々です。作曲家の特徴がもろにわかってしまうのが、楽曲のコード進行、展開の仕方や演奏法ですね。いくら理屈的にコード進行が合っていても、心に残らないものもあれば、逆のパターンの時もあります。最終的な結論として、聴いて心に残る楽曲は、わかりやすいコード進行にモチーフが色々な場面で出てきて、それを上手く展開しているものですね。

 演奏会で楽曲紹介する時、それが生み出された経緯を書くと高評価になると思います。PTNAピアノステップでは、60文字以内で紹介文を書く事になっており、ただ普通に練習不足や初舞台などといった、謙遜する言葉ばかりを書き連ねていると、少し評価が低くなりやすいですね。特にオリジナル曲においては、楽曲のタイトルは命となるので、それをイメージする文章を考えて書くと、高い評価を得ます。

 和声で学んだ事をベースにして、今度はポピュラーのコード進行に置き換えて、オリジナル曲を書いてみてはいかがでしょうか。いきなり自分で全てお勉強するのは難しいので、作曲科出身者の先生について和声とコードネームの基礎から学ぶと、良いと思います。

 ランキング参加中なので、応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.01.28 Sat (09:54) l 作曲・編曲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日の夕方から雨が降り、徐々に冷え込んで夜には雪へと変わりました。しかし、夜が明けて朝になると、路面の雪がなかったものの、車を運転するには事故に対する警戒が必要だと思いました。千葉県は首都圏の中でも比較的温暖な気候なので、雪が積もっても1~2cmほどでしょうか。今、外は晴れて真っ青な空なので、気持ち良いですね

 私は作曲科出身なので、これまでブログではあまり作曲・理論関連のお話しには触れてませんでしたね・・・。ただし、作曲科出身者の人たちが音大卒業後に、どんなお仕事に就いてるのかと気になってる方は、数多くいらっしゃるかもしれません。現実問題を考えると、各出版社からのご依頼によって、有名な楽曲のアレンジをされてるケースが、ほとんどです。しかし、それをやれる人は優秀かつ天才的な人が中心で、比較的数が少ないのが現状です。また、オリジナル曲で成功する人は、一握りですね。作曲・編曲だけでは生きていけないので、人とのコミュニケーション力やよりレベルの高いスキルを身に付け、ピアノ、ソルフェージュ、音楽理論(楽典や和声)も指導しております。指導のお仕事で、作曲科出身者の力が発揮できるのは、ソルフェージュと音楽理論ですね。和音の種類にコードネームを覚えたり、楽曲の特徴を掴んで分析して演奏する力は、ピアノ科出身者よりも優位な面があるからです。また、即興演奏は作曲科出身者にとって、武器になるものです!!

 こんな偉そう事を書いて、申し訳なく思う事ばかりですが、私は作曲科出身者の中でも下っ端のレベルです。和声と作曲を学んだ年齢が比較的遅く、高3の受験の時には現役合格に間に合わないと言われたレベルでした。ピアノを思春期の難しい時期に辞めてましたし、小さい時のレッスン環境はPTNAの講座担当の先生方から見れば、タブー視されるほどひどいものでしたね・・・。しかし、私は母校の東邦音大に通って色々と楽しいお友達に巡り会えて良かったですし、卒業してから講座で学んだ事が数多くあります。もちろん、一般社会でのバイトも良い人生経験になりました。

 ランキング参加中なので、応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.01.24 Tue (12:50) l 作曲・編曲 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 昨日は雪が降り、今日はどんより曇った寒い1日です。1月から2月は1年で最も寒い時なので、暖房やこたつが活躍しますね。

 バスティンメソッドでは、導入のうちから楽典・ソルフェージュをやります。この言葉を聞くと、難しいお勉強をしていてレッスンについていけないと、お考えになるかもしれません。しかし、これが楽しいものです!!特に幼児の生徒さん(ピアノパーティー)の場合、聴音では絵を見て色塗りをし、創作では5本指ポジションで弾ける楽曲を書きます。ただし、ピアノパーティーAでの創作は、1枚の絵を見てそれに合った音(映像音)を生徒さんと一緒に考えて、ショートストーリーを作って即興演奏をします。初めの入り口では1本指で弾かせずに、黒鍵3つグループをグーで、2つグループをチョキでゆっくり弾くタッチも、創作の映像音に含まれるので、これが小さなお子様にとって印象に残る楽しい思い出となります。五線譜のリーディングに入ったお子様の場合、AからGまでの各音名に色塗りをし、美しい絵を完成させる楽しい項目もあるので、やって後悔のないものです!!学ぶ調性に移調は、全12調やりますので、奥深いけど興味がそそられますね

 小学生の生徒さんの場合、ピアノベーシックスシリーズでの楽典指導は、ピアノで音を弾きながらABC音名でのクロスワードパズルなど、言葉の学習をやります。これは英会話をやってるお子様には、とても有利な内容ですね。パーティーシリーズと同様に、もちろん楽曲の創作もあります。徐々にレベルアップし、音階、音程、移調、和音の種類、コードネームなどのお勉強をやり、音大進学希望者と似た学習内容に近づいていきます。それらを楽しく学ぶには、グループレッスンで様々な楽しい教具を使用すると、生徒さんの目の色が輝いてきます。難しいリズム指導では、子供たちが聞いて楽しい言葉を入れると、より一層やる気が出てきますね。

 私の生徒さんで、昨年11月よりピアノベーシックスシリーズから開始の、小5のスロースターターの子がおります。彼女は演奏面や読譜では、これから学ぶ事がたくさんありますが、楽曲の特徴を掴むのが上手い子です。普段からの学校のお勉強や、論理的に考える事の大切さを学んでいるので、ただの音拾いだけではもったいない子だと思いました。もちろん、理論系のお話しに興味関心のある性格なので、バスティン・ピアノベーシックスのプリマーから1セット(ピアノ、テクニック、パフォーマンス、セオリー)やって良かったと思います。

 ランキング参加中です。応援よろしくお願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

2012.01.21 Sat (12:49) l 大切な事 l コメント (0) トラックバック (0) l top