fc2ブログ

アメリカナイズ

 今日は爽やかな秋晴れですね。ここ最近は、欧米文化のハロウィーンの行事が浸透してきましたし、日本は随分アメリカナイズされてると思います。幼稚園や保育園では、ハロウィーン行事をやる所が増え、主要キャラクター(かぼちゃ、おばけ、フランケンシュタイン、黒猫、魔女、骸骨など)はもちろんのこと、他には天使、悪魔やアニメキャラなどに仮装して、やってるそうです。また、大人のためのハロウィーン行事では、仮装して大きな行列を作り、町中を歩く事もやってるそうです。アメリカの学校では、毎年10月31日はハロウィーンの日で、色々なキャラクターに仮装して学校中を歩き回る行事をやっております。その日の夜は、プラスチック製かぼちゃのかごを持って、仮装して近所中を歩き回って「Trick or treat!!(いたずらしてやる!!)」と言って、お菓子をもらってます。

 音楽とは随分内容がかけ離れてますが、バスティンメソッドではハロウィーンの時に、おばけ関連の楽曲をやると、生徒さんたちは喜びますね。アメリカ出身メソッドであり、楽典では英語の噛み砕き用語が出てくるので、英会話をやってる生徒さんや帰国子女のお子様には有利です。もちろん、中のイラストはカラフルな濃い色使いであり、アメリカの漫画みたいなリアルなお顔です。尚、バスティンメソッドは現在、世界十数ヶ国語以上に翻訳されているので、語学力のある国際人を必要としているこれからの時代に適してるのではないでしょうか。また、バスティンで学習されてるお子様は、大きくなったら外国人の人たちに、ピアノの良い思い出を語れる日がやって来るかもしれません。

体験レッスン

 本日、体験レッスンに近所の小5の女の子が来られました。彼女はお母さんと小2の弟と一緒に来ましたが、うちの教室を知ったきっかけが、何と通りがかりの表看板だったのです!!最近は、インターネットが普及しているため、看板やチラシなどは通用しないと思ってましたが、見る人は見てるんだなあと思いました・・・。しかし、今の時代は教室の窓口といえば、HP及びブログになってきてますが、本日は貴重な経験をしました。ちなみにその女の子は、全くのゼロスターターです。

 幼児の生徒さんの場合、指番号の数字、鍵盤ポジションや、リズムの長さなどを覚えるのに精一杯な面もありますが、小学生になると学校の授業の影響などもあって、覚えるのが早いですね。生徒さんの進度は人それぞれですが、飲み込みの早い子は頭の回転が良くて前に進みやすいですね。逆に遅い子は、時間をかけてゆっくりペースで進む子もいれば、新しい項目をなかなか受け入れられない頑固な性格の子もいます。

 入会するかどうかは、まだはっきりしておりませんが、入ってくれたら嬉しく思います。

アンサンブル曲のアレンジ

 昨日、高校生の時から師事している師匠のご自宅で、指導者ソルフェージュの講座がありました。ディズニー映画「リトル・マーメイド」の劇中歌で、主人公のアリエルが歌う曲「Part of Your World」のピアノ連弾アレンジを受講者全員で演奏しました。ただし、この楽譜は随分昔にヤマハ・ミュージック・メディアより出版されましたが、今となっては絶版となっている幻のものです・・・。そう、この楽曲の編曲者といえば、ブログを読んでくださってる方々のご想像の通り、私の師匠でございます。

 この曲のⅠ&Ⅱパートの楽譜を総まとめした、リダクション楽譜をみんなで手分けして手書きし、今度はピアノソロ用にアレンジしてくる事が宿題となっております。リダクション楽譜というのは、オーケストラの楽譜みたいに総スコアとして書かれているものです。

 ピアノ連弾のアレンジといえば、Ⅰがユニゾンでメロディーを奏でて、Ⅱが伴奏に徹するといったイメージをお持ちの方が多いかもしれません。しかし、私の師匠がアレンジしたものはメロディーパートが高い音で出る所もあれば、真ん中や低い音で出てくる時もあります。いつもパート別に同じ役割りばかりをやらずに、たまには気分転換やサウンドを変えるという意味でメロディーパートが変わります。今度は脇役として伴奏や対旋律に徹するなど、色々と頭を使わなければならないものです。オーケストラでも、いつも同じパートばかりがメロディーを奏でておりませんし、迫力ある所を演奏するには楽器のパートを変えて、メロディーを奏でております。

 これはピアノ連弾に限らず、フルートやヴァイオリンなどの管弦楽器とピアノのためのアンサンブル曲でも、共通します。いつもフルートやヴァイオリンなどがソロでメロディーを奏でて、ピアノが常に伴奏だけでお供しているという完全な役割分担では、聴いて飽きるものですね。たまにはピアノがメロディーを奏でて、フルートやヴァイオリンが対旋律を奏でて役割りを変えるなどして、楽しませる工夫が必要だと思います。

基礎について

 自宅のレンガ塀が今年の3月の東日本大震災で、液状化被害の影響で中まで沈んでしまいました。その工事に今ようやく取り掛かり、業者のおじさんからのお話しで、レンガを支えるためのコンクリートの基礎が足りない事が判明しました。しかも、本来の支えるべき基礎が、規定の10分の1と聞いて、私は驚きました・・・。

 これは建築の世界のお話でいえば、基礎の土台工事を手抜きして美しく家を建てていったから、大震災で大きな被害を受けてダメになった結果ですよね。人間でいえば、漢字の読み書きの基礎ができないまま、それを放置して次の難しいお勉強にどんどん進めていった結果、最後にボロが出てくることの例えですね。

 音楽の世界でいえば、読譜、楽典やソルフェージュのお勉強をせずに、難しい曲を次々とやって放置した結果、音楽そのものを理解出来てない、いい加減な音色で奏でているだけの、基礎のなさが判明します。ピアノ演奏では、姿勢と手指の形が悪ければ、身体に不自然な力が入ってしまうので、美しく歯切れの良い音は奏でられません。フニャフニャな弱い指では、手を支える事はできませんし、詰まった響かない音が出てきます。

 人間、何をやるにしても基礎が大事です。私のレッスンでは、小さいうちから良い手の形や美しい響き、読譜などの基礎のお勉強が欠かせません。幼児の子たちは指の支えが弱いので、いきなり1本指で楽曲のメロディーを弾くには、無理があります。この時期の基礎教育を手抜きし、親御さんもそれを馬鹿にして次々とレベルを進めたがる考え方は、間違っています。お子様が大きくなった時にどこかで必ずつまづきますし、ピアノ嫌いになる恐れがありますので、長い目で見守ってあげてください。

 私の使用教材のバスティンピアノパーティーAでは、手をグーの形にして黒鍵をクラスターで弾くところから入ります。時間をかけて、自然と卵型の手が身に付くように、脱力も含めて学習しますので、お子様の入り口の教育を馬鹿にしてはいけません。必ずどこかで罰が当たります。

熱いバスティン指導

 本日は、隣の船橋市まで指導者セミナーに出かけました。担当の先生は、大阪在住でバスティン研究会代表の二本柳奈津子先生です!!

 二本柳先生が主催している千里バスティン研究会では、独自のスケールグレードを実施されてるそうです。使用テキストは、バスティンピアノベーシックスの「テクニック」2~4巻、最近出版された「バスティン スケールカデンツ&アルペジオ」などです。また、ハノンの39と41番、千里バスティン研究会独自の「スケール・カデンツ&アルペジオ」など色々です。

 スケール、カデンツにアルペジオといえば、テクニックの練習というイメージが強いですよね。しかし、子供たちのやる気を引き出し、励みになるようにご褒美を差し上げて、そのための検定を研究会で生み出したので、何て熱心なんだろうと、つくづく思いました。それぞれのバスティン研究会独自の検定やオーディションは、地域の活性化やピアノ好きな子供の数を増やすための、良いアイディアだと思います。

 講座受講者の先生たちの状況を見て、これまでに私が受講したバスティン専属の講座で、人数が最も少なかったです。普段のバスティン専属講座は、巣鴨で受講する事がほとんどでした。これまで千葉県では、バスティン研究者の先生が担当する講座が、開かれてなかった可能性が高いと思います。そして、バリバリなアメリカンの指導法で、バスティンを専門的に扱っていらっしゃる千葉県民の先生は、ほとんどいないと言っていいかもしれません。

 バスティンはピアノ演奏に限らず、早い段階での楽典やソルフェージュのお勉強が、ワークブックの中に盛り込まれています。これらを総合的に一緒に学ぶと、音楽の基礎能力が高く、頭脳明晰な子が育つと思います。また、英語の噛み砕き用語も出てくるので、英会話をやってる子には有利ですね。これはまさに、未来の国際人を育てるスーパーメソッドだと思います。
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

aoippe1012music

Author:aoippe1012music
本名:江尻あおい
東邦音楽大学・作曲専攻卒の千葉県習志野市在住の作・編曲家。趣味層をはじめ、本格的なレッスンを希望する方を中心に承っている。作曲専攻を武器にして音大・音高受験向けのソルフェージュ、音楽理論レッスンをし、コンクール参加を検討されてるお子様を応援中。作曲専攻を武器にして、小さなお子様のレッスンにはバスティンを主教材としている。会社や知人が主催する演奏会を中心に作・編曲した楽曲を自作自演して活動中。

中学・高校第一種教員免許状(音楽)取得
ヤマハ指導グレード5級取得

2013年 第2回バスティンピアノ編曲コンテスト 連弾部門第2位

2015年 第1回プレ・バッハ作品コンテスト 幼児B部門でオリジナル曲が入賞

2016年 第5回バスティンピアノ編曲コンテスト ゴージャス・ソロ部門ミュッセ賞

全日本ピアノ指導者協会(略称:PTNA)作曲会員。

バスティンピアノ編曲コンテストでの入賞作品「幸せな魔女」がPTNAのオンデマンド楽譜販売Musse(ミュッセ)より好評発売中。2015年11月、カワイ出版よりピアノ曲集の楽譜「風に吹かれて~いくつもの思い出~」、2017年12月「四季折々そして希望」を発売。2016年PTNAミュッセよりプレバッハ作品コンテストでの入賞作品「おはなあそび」、バスティンピアノ編曲コンテスト入賞作品「アラブへの旅を夢見るわにさん」が発売される。

星座:天秤座 血液型:A型

体験レッスン、入会及び作・編曲依頼のお問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム
作・編曲、体験レッスンなどのお問い合わせはaoippe.go.go@gmail.com、もしくは下のメールフォームよりお願いします。尚、お名前は必ずフルネームでご記入ください。ニックネーム及び名字だけのメールはお受け出来かねますので、ご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1588位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
73位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ランキング
ただいま、ランキングに参加中です。ポチッと下のバナーのクリックをお願いします。