FC2ブログ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

aoippe1012music

Author:aoippe1012music
本名:江尻あおい
東邦音楽大学・作曲専攻卒の千葉県習志野市在住のピアノ、ソルフェージュ、楽典、作・編曲レスナー。本格的なレッスンを希望する方を中心に指導し、作曲専攻を武器にして音大・音高受験向けのソルフェージュ、音楽理論レッスンをし、コンクール参加を検討されてるお子様を応援中。作曲専攻を武器にして、小さなお子様のレッスンにはバスティンを主教材としている。会社や知人が主催する演奏会を中心に作・編曲した楽曲を自作自演して活動中。

中学・高校第一種教員免許状(音楽)取得
ヤマハ指導グレード5級取得

2013年 第2回バスティンピアノ編曲コンテスト 連弾部門第2位

2015年 第1回プレ・バッハ作品コンテスト 幼児B部門でオリジナル曲が入賞

2016年 第5回バスティンピアノ編曲コンテスト ゴージャス・ソロ部門ミュッセ賞

全日本ピアノ指導者協会(略称:PTNA)作曲会員。

バスティンピアノ編曲コンテストでの入賞作品「幸せな魔女」がPTNAのオンデマンド楽譜販売Musse(ミュッセ)より好評発売中。2015年11月、カワイ出版よりピアノ曲集の楽譜「風に吹かれて~いくつもの思い出~」、2017年12月「四季折々そして希望」を発売。2016年PTNAミュッセよりプレバッハ作品コンテストでの入賞作品「おはなあそび」、バスティンピアノ編曲コンテスト入賞作品「アラブへの旅を夢見るわにさん」が発売される。

星座:天秤座 血液型:A型

体験レッスン及び入会のお問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いします。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


メールフォーム

体験レッスン及び入会のお問い合わせはaoippe.go.go@gmail.com、もしくは下のメールフォームよりお願いします。尚、お名前は必ずフルネームでご記入ください。ニックネーム及び名字だけのメールはお受け出来ないので、ご了承ください。編曲の依頼も承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
79位
アクセスランキングを見る>>





DATE: CATEGORY:プライベート
 桜が散って新緑の季節になりましたね。来週5月1日から新元号「令和」に変わり、平成もいよいよ終わりへとカウントダウンされてきてます。

 日曜日の出来事を書くのが遅れました。大学のフルート専攻の先輩のお教室発表会が、お茶の水の池坊東京会館で開かれました。こちらが会場入り口の看板です。


 フルートのみならず、オカリナも指導されてます。大人の趣味層の方から、音大フルート専攻の学生さんや卒業生の生徒さんと、幅広く受け持ってます。趣味層の生徒さんのピアノ伴奏を先輩が担当し、音大フルート専攻の学生さんや卒業生に先輩の伴奏をいつものパートナーの方が担当してました。そして、先輩の講師演奏もありました。私もブラスバンド部でのフルート演奏をしていた経験があり、フルートの定番曲を聴いて懐かしく思ったりもしました。

 こちらが私の先輩の篠原梨恵さんです。マイクでトーク司会をするだけでなく、生徒さんの伴奏、講師演奏と幅広く活躍され、お疲れ様でした。

20190421-1.jpg

20190421-2.jpg

20190421-3.jpg

 そしてこちらがオカリナ演奏です。

20190421-4.jpg

 大人の生徒さんに音大フルート専攻の学生さんに卒業生の方の演奏を聴いて、優しく表現力豊かで時にはパンチのある音色が聴けて、素晴らしかったです。そして梨恵先輩の講師演奏も上手でした!!

 梨恵先輩先輩といえば、一昨年の私の師匠の門下内発表会にて、私のフルート&ピアノのデュオで演奏した方です。こちらがその動画です。

組曲「鳥の心」
1.羽ばたく鳥
2.愛おしい鳥


 この曲は大変評判良く、またこれからも再演したいですね。そして今、依頼を受けてるフルート二重奏のための新しい作品に取り掛かっていて、もう少しで楽曲が出来ます。楽しみにしてくだされば、幸いです。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:プライベート
 2018年も残り数日となりました。また、今年は「平成最後」という言葉が色々と飛び交ってます。

 25日のクリスマスの日に、母校の東邦音楽大学大塚キャンパスにて、合唱練習がありました。来年1月20日のニューイヤーコンサートに向けて、ヴェルディ作曲「乾杯の歌」の合唱練習がありました。ソプラノとテノールが華やかに歌い、私たち他の参加者たちは合唱として後ろで歌います。イタリア語の難しさもあって、なかなか口が回らなかったのがネックでしたね。

 こちらが東邦大塚キャンパスのエントランスにあるクリスマスツリーです。今は片付けられてると思いますが・・・。

東邦クリスマスツリー

 私が大学入学する前から変わらないお洒落な造りで、グランドピアノが置かれてるのが、何とも不思議です。
東邦エントランス1

東邦エントランス2

東邦エントランス3

 そして合唱練習参加者たちの集合写真で、中には参加者の子供さんも一緒に写ってます。
FB_IMG_1545741901951.jpg

 その後は駒込のスタジオまで音楽忘年会でした。実は一昨年バスティンピアノ編曲コンテストに参加して知り合った仲間の方が主催し、色々と個性豊かなメンバーたちで集結しました。

 このスタジオのアップライトピアノで、私は自分のオリジナル曲を2曲演奏し、杏里さんの「オリビアを聴きながら」を即興演奏し、最後に「聖者の行進」全員でセッションして私が伴奏しました。
 2018忘年会1

2018忘年会2

 この方は有名な鼻笛奏者・モスリンさんで、マンドリンやギターを弾きながら笛を奏でるのが、不思議でした。
2018忘年会3

 こちらがモスリンさんのYou Tube公式動画です。


2018忘年会4

こちらは微笑ましい親子セッションです。
2018忘年会5

2018忘年会6

 彼女は南川朱生さんで、色々な種類の鍵盤ハーモニカを持ってます。パフォーマンス見せ方が上手く、鍵盤ハーモニカ奏者としてライブ活動や講座などを行ってます。
2018忘年会7

 こちらが南川朱生さんの動画です。


 バスティンピアノ編曲コンテストで知り合った仲間の先生たちで、一昨年鍵盤ハーモニカ&ピアノデュオ部門でチャンピオンになった岡崎有美子さんと主催者のゑ川史子さんのデュオです。
2018忘年会8

 こちらが主催者のゑ川史子さんのメイン活動のデュオのペンギンとシロクマです。
2018忘年会ペンギンとシロクマ

 こちらがペンギンとシロクマの動画です。


 そして最後の集合写真です。
2018忘年会集合写真

 クリスマスの日の楽しい出来事でした。また、参加したいですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:プライベート
 本日は久々に映画鑑賞しました。伝説のロックバンド・Queenの軌跡の物語です。

 Vo.のフレディ・マーキュリーがデビュー前のQueenのメンバーとの出会い、ライブハウスでの活動からデビューし、そして人気者となってワールドツアーを成功させてきました。彼はメアリーという彼女はいたものの、自分がバイセクシュアルという事で破局するなど、私生活では波乱に満ちた面もありました。

 フレディの最後の交際相手となるジムは純粋で穏やかだったが、この影響でエイズの病気を発症してしまいました。1984~1991年に亡くなるまでの7年間、ジムはフレディと交際しながら、最期を見届けて看病をされたのです。

 フレディは45歳の若さでエイズによって亡くなりましたが、他のメンバーたちは今でも生きています。フレディの死後、Queenの活動は休止していても、残されたメンバーたちによってQueen名義を使用しての活動は行われてます。Queenはロックのみならず、ゴスペルやプログレの要素を取り入れたりと、音楽性の幅が広いと思いました。また、コーラスハーモニーが上手く決まっていて、フレディの声域の広さとピアノ演奏も加わったりと、なかなかカッコイイ音楽が出来てるなと思います。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:プライベート
 昨日の日曜日勤務の代休として、本日は赤坂ベヒシュタイン・センターピアノサロンカフェで開かれてたランチタイムコンサートへ足を運びました。千代田線赤坂駅からすぐの所で、TBSテレビの出口とは反対方向になります。

 このイベントを知ったきっかけは、Facebookで仲良く交流してる先生たちが沢山興味を示していた事の情報が出ていた事でした。時々は電車で東京都の都心部へ出てきて、ランチタイムコンサートを聴くのも刺激になります。

 こちらがサロン手前の赤い看板です。
ベヒシュタイン1

 そしてアップライトにグランドピアノが展示されてるサロンです。ここは試し弾きも出来ます。
ベヒシュタイン3

ベヒシュタイン2

 本日はフランツ・リストの誕生日であり、リストの作品を中心にしたプログラムでした。ハンガリー狂詩曲2番をはじめ、ピアノ曲で有名な「愛の夢」の歌バージョン、シューマン作曲でリスト編曲の「献呈」などでしたね。他の作曲家だとドビュッシー「前奏曲集」、ショパンの前奏曲「雨だれ」、ブラームスのワルツなどです。

 あの著名なT学園大学(音大です!!)卒業生の若手ピアニストとバリトン歌手がランチタイムの主役で、他にピアニストやピアノ講師として活動してる方々が順番に演奏されました。主役の2人はドレスアップしてても、他の出演者たちは普段のレッスン着及びオフィススタイルの服装だったので、半分発表会及び弾き合い会の印象がありましたね。

 偶然な事に、一昨年6月に熊本地震のチャリティーコンサートで一緒になったMちゃんが出演していたので、2年ぶりに再会しました。彼女は今、ピアノ講師をしながらコンクール審査員のお勉強もしています。

毬乃ちゃんと

 コンサート料金は500円でしたが、平日ランチタイムにコーヒーとクッキーが付いていてそれを召し上がり、音楽を聴けるのは都会ならではの良さですね。通りすがりの会社員の人たちが、気軽に入りやすい場所でもあります。会場面積が非常に狭く、ステージと客席の距離が非常に近いため、部屋中に音が大きく響きます。客席収容人数が20人くらいですが、それでもいくつか空席があったので何だか勿体なかったですね。コンサートを開いて集客するのはなかなか難しいですが、集客が苦手な私がコンサートを開くなら、このような面積が非常に狭い箱からのお勉強だと思います。

 コンサート終了後にグランドピアノ売り場のサロンで試し弾きをしました。スタインウェイ同様に時間かけて丁寧に作られていて、タッチがソフトで弾きやすかったです。演奏家が個性を出しやすいタイプのピアノなので、流石ヨーロッパの歴史ある高級ブランドのグランドピアノだと思いました。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:プライベート
 ブログの更新が遅くなりました。そして、秋が深まってきましたね。

 12日に無事誕生日を迎えられて、ホッとしました。新しい年代に入りましたが、中身はまだ子供な面もあります。良い出会いに再会もあれば、別れもありました。しかし、昨年から今年にかけて、地元小学校の懐かしい同級生との偶然の再会が数回もありました。再会した同級生たちは私の人生の基盤を作り上げる面で一緒の小学校へ通って良かったと思える存在であり、地元はいいものだと感じました。

 私も中年の年代になり、人生においては青年期から円熟期に移行してる時ですね。アラフォーになると、生き方や仕事ぶりが問われるようになり、贅沢は言ってられなくなってきます。演奏家なら若い時のエネルギッシュかつピュアな気持ちから、冷静に落ち着いた演奏へと移行し、作曲家なら自分の人生や思い出を振り返りながら、新たな出来事や世界を交えたような作品が生まれると思います。

 自分の人生を振り返ってみると、小さい時から先生の態度や教え方で見ていて感じた事はあります。自分が好きになった先生は知識力が豊富で頭良く、基礎を大切にして応用力のあるタイプだと思いました。基本的に外見上は怖そうだけど、実は根が優しいタイプかもしれません。それに反して、優しいフリをしていてもキャパシティーが狭い先生に対して心を閉ざして振り向かないものだと解かってきました。

 作・編曲家として自分の人生観に経験などが顕著になる時で、先生として色々応用力も問われてきます。より良い作品を書いて生み出していき、世間に残していきたいですね。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking


copyright © 2019 音楽総合日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ