カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

aoippe1012music

Author:aoippe1012music
本名:江尻あおい
東邦音楽大学・作曲専攻卒の千葉県習志野市在住のピアノ、ソルフェージュ、楽典、作・編曲レスナー。本格的なレッスンを希望する方を中心に指導し、作曲専攻を武器にして音大・音高受験向けのソルフェージュ、音楽理論レッスンをし、コンクール参加を検討されてるお子様を応援中。作曲専攻を武器にして、小さなお子様のレッスンにはバスティンを主教材としている。会社や知人が主催する演奏会を中心に作・編曲した楽曲を自作自演して活動中。

中学・高校第一種教員免許状(音楽)取得
ヤマハ指導グレード5級取得

2013年 第2回バスティンピアノ編曲コンテスト 連弾部門第2位

2015年 第1回プレ・バッハ作品コンテスト 幼児B部門でオリジナル曲が入賞

2016年 第5回バスティンピアノ編曲コンテスト ゴージャス・ソロ部門ミュッセ賞

全日本ピアノ指導者協会(略称:PTNA)作曲会員。

バスティンピアノ編曲コンテストでの入賞作品「幸せな魔女」がPTNAのオンデマンド楽譜販売Musse(ミュッセ)より好評発売中。2015年11月、カワイ出版よりピアノ曲集の楽譜「風に吹かれて~いくつもの思い出~」を発売。2016年PTNAミュッセよりプレバッハ作品コンテストでの入賞作品「おはなあそび」、バスティンピアノ編曲コンテスト入賞作品「アラブへの旅を夢見るわにさん」が発売される。

星座:天秤座 血液型:A型

体験レッスン及び入会のお問い合わせは、下記のメールフォームよりお願いします。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


メールフォーム

体験レッスン及び入会のお問い合わせはaoippe.go.go@gmail.com、もしくは下のメールフォームよりお願いします。尚、お名前は必ずフルネームでご記入ください。ニックネーム及び名字だけのメールはお受け出来ないので、ご了承ください。編曲の依頼も承ります。

名前:
メール:
件名:
本文:


カテゴリ


FC2カウンター


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2458位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ピアノ
119位
アクセスランキングを見る>>





DATE: CATEGORY:日々の思い
 私はこれまで作曲してきた楽曲は、クラシック音楽をベースにしながらポピュラー音楽を交えたような作品が中心でしたね。発表会をはじめ、コンサートやパーティーといった集まる場で楽曲を披露してきました。

 自分の活動にて演奏した楽曲だと、当たり前の事かもしれませんが、大人向けの物が中心です。そして小さなお子様向けの作品も書いてきました。コンテスト入賞作品においては、東音企画が主催したバスティンピアノ編曲コンテストでの出来事が中心です。

 さて、作曲・編曲の収入などにおいては、小さなお小遣い稼ぎくらいの金額です。私のようなレッスン現場に合ったようなピアノ作品を書いてる作曲家は、基本的に講師のお仕事を兼務する事がほとんどです。やはり、楽譜出版をはじめとするプロモーション活動をしてても、作曲1本だけで食べていけるような収入は得られません。

 自分の作品を売り込むためには、器楽専攻の友達などに楽曲提供して評価してもらう事ですね。そこで評判良ければ、その友達から自分の器楽仲間などに作品を紹介していき、色々な場所で披露されるようになる事がベストかもしれません。自分の作品が色々な場所で披露され、楽譜収入へ繋がるまでの道程は険しいものです。

 売れて収入になる作曲家になるとしても、年取ってから認知されるパターンがほとんどで、若いうちにCD発売して楽譜出版される有名人は一握りです。自分は基本的に、収入少なく売れない作曲家だと思います。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:作曲・編曲
 いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます。更新が遅くなりました。

 今回の発表会にて披露した楽曲動画をアップ致します。大変評判の良かったので、どうぞお聴きくださいませ。

 組曲「鳥の心」
1.羽ばたく鳥
2.愛おしい鳥



 対照的な性格の鳥をモチーフにして、作曲しました。「羽ばたく鳥」においては、心に不安な気持ちがあっても、自信持って羽ばたいた事を表現してます。「愛おしい鳥」は、繊細な心を持っていて多くの仲間から愛される鳥が、周囲の仲間のサポートによって飛ぶ事が出来たという気持ちを表現してます。

 感情の起伏が激しさもあれば、穏やかな気持ちにもなれるので、この曲をこれからもよろしくお願いします。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:発表(演奏)会
 ブログの更新が遅くなりました。長らくお待たせして申し訳ありません。

 11日の日曜日に開かれた師匠のお教室の発表会、無事終了しました。場所はJR千葉駅から徒歩数分の京葉銀行文化プラザです。ここは2000年に旧郵政省が270億円を投じて建てられ、同じ建物には音楽ホールとリハーサル室以外に、郵便局、レストラン、会議室に宴会場があります。ここは旧ぱるるホールという名前でしたが、来年3月で閉館予定になって悲しいです・・・。ここはクラシック音楽家にとって、響きの良いホールとして評判良く建物の造りもしっかりしてます。

 こちらがホールの写真です。私の師匠宅のピアノ調律師の方であり、我が家のピアノも担当されてる優秀な方です。

received_1234001906708833.jpeg

 そして私のドレス姿の写真がこちらです。撮影は舞台裏の楽屋などです。

received_1234001983375492.jpeg

received_1234001973375493.jpeg

 そして一緒に共演した同じ大学のフルート専攻の先輩です。演奏が上手くてスタイルも良いお洒落で素敵な先輩で、活動そして多趣味な事などでも尊敬できる方であり、私のレッスン師匠からも大変お気に入りです。在学中に私が書いたフルートの楽曲の演奏を依頼して、あの時から18年くらいの歳月が経って久々に提供しました。舞台共演では今回が初となります。

received_1234001963375494.jpeg

received_1234001950042162.jpeg

received_1234001946708829.jpeg

 そして、私の母親からの花束です。

2017年ソピアル演奏会1

 そして演奏会終了後の打ち上げです。オヤジ臭い写真で申し訳ないですが・・・。

2017年ソピアル演奏会2

2017年ソピアル演奏会3

 動画のアップはこれからなので、お楽しみください。この曲は大変評判が良かったので、自信持ってアップ致します。師匠そして先輩に舞台裏でお仕事してくださった皆様、本当にありがとうございました。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:発表(演奏)会
 私の師匠のお教室主催の発表会が、いよいよ本番になりました。

 今回は伴奏者としての自分は脇役ですが、緑のドレスを着る事になりました!!私のブログをしょっちゅうご覧になってる方なら、解かるでしょう。

1408244181285.jpg

 主役はフルート奏者の先輩です。私のフルート曲を楽しみにされてる方が多くいると思うので、これからの動画のアップをご期待くださいませ。

 今回の楽曲は組曲「鳥の心」です。

 1.羽ばたく鳥
 2.愛おしい鳥

 よろしくお願いします。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking

DATE: CATEGORY:一つお勉強になった事
 ただ今、11日㈰発表会に向けて私の楽曲をフルートと合わせております。ピアノソロで演奏する時は自分の思うがままににテンポや強弱設定が出来ても、伴奏はソリストの呼吸、タイミング、入りやすさなどを考えて合わせなきゃいけないですね。

 ピアノの伴奏形も色々な形で出てきますが、ベースラインを際立たせてコードを演奏する際、いかにコードを抑える時のバランスの取り方が問われます。ソリストの表現の仕方によって抑揚を付ける時、それに合わせて伴奏もしなければアンバランスな音楽になりかねません。作曲者の心理、楽曲の特色にもよりますが、感情の起伏の激しさ、穏やかさ、テンポの速度、楽曲の背景やストーリー性など、様々な状況を読み取り、それに応じて楽曲を仕上げていかなければならないのです。

 これは指導者やソリストの性格にもよりますが、伴奏を兎に角抑えてソリストを目立たせるようにしたいという人もいます。このケースだと、ピアニストはソリストのために伴奏をほとんどお供するだけで、ピアノがソロで出てくるような場所がほとんどない楽曲ではないかと思います。学校の音楽教科書のような、決まった形の伴奏でしか書かれてないだけの、つまらない音楽にしか思えない物だと思います。

 伴奏の難しさとして勉強になる物だと、ピアノが主旋律を奏でる場所があって、途中でソリストへバトンタッチする部分があると、刺激になります。時には対話するような場所があるほうが、面白いですね。自分は決して伴奏は上手くないですが、伴奏をしながら師匠に見てもらうと為になります。

 ランキング参加中です。下のスイッチを押してくださいね!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村



FC2Blog Ranking


copyright © 2017 音楽総合日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ